ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

Sony Ericsson、Xperia X10向けAndroid 2.3(Gingerbread)へのアップデートを8月上旬に提供予定

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

Sony Ericssonは6月20日に『Xperia X10』向けAndroid 2.3(Gingerbread)へのアップデートに関する新情報を同社『Product Blog』で公開しました。記事によると、現在アップデートの提供に向け開発とテストが行われているとし、現在の予定では8月上旬に配信を予定しているそうです。まずは、いわゆる”Generic Kit”と呼ばれるキャリア向けのカスタマイズが行われていないSIMロックフリー版へ提供され、その後、一部のキャリア向けモデルに対して配信が予定されているそうです。
※NTTドコモが販売する『Xperia SO-01B』に関することは何も述べられていません

アップデートにおける変更内容についても詳細を公開しています。基本的には『Xperia arc』といった2011年モデルをベースとしたGingerbreadバージョンのソフトウェアが提供されるということは3月の発表と変わらず。前にAndroid標準のカメラアプリが提供されると案内されていましたが、これは変更され、現行の『Xperia X10』のカメラアプリのユーザーインタフェース(UI)を採用したものが提供されるそうです。また、『Xperia mini/mini pro』と同時に発表された『Facebook Inside Xperia』も予定通り提供されるそうです。

Android 2.3(Gingerbraed)へアップデートすることで、Android 2.2以降の機能であるWi-Fi&USBテザリング、マイクロSDカードへのアプリの移動、『Flash Player 10.1』以降も当然利用できるようになるとのこと。しかし、動画や音楽、写真を無線LANでストリーミングできるDLNA機能については、提供のために別途認証試験が必要で、提供時期が遅れることになるため、優先順位を付けることができなかったとし、提供しないとしています。これが2011年モデルと異なる点として挙げられています。DLNA機能についてはサーバ・クライアント機能を提供するアプリがAndroidマーケットに多数公開されていることから、それで代用してくれということでしょう。『Xperia X10 mini』『mini pro』『X8』についてはAndroid 2.1より新しいバージョンにはアップデートする予定はないと今回も述べています。RAMサイズが小さいため性能を出せないこと、『Xperia X10』のように容易に移植できるコードを、UIの異なるminiシリーズには持たないことがその理由として挙げられています。テスト版ソフトウェアを搭載した『Xperia X10』のデモ動画が公開されています。

Source : Sony Ericsson


(juggly.cn)記事関連リンク
Galaxy S 2011 Editionは今年後半に英国でも発売予定
Galaxy Tab 10.1(Wi-Fi+3G)「GT-P7500」がFCCを通過
Huawei、Android 3.2(Honeycomb)搭載タブレット「MediaPad」を発表、7インチディスプレイ、Qualcommデュアルコア1.2GHz CPU搭載(更新2:Android 3.2は7インチ、Tegra 2以外のSoCにも最適化されたバージョンらしい

juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。