ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

あられ、おかき、せんべい、そういえばどこが違う?

DATE:
  • ガジェット通信を≫


噛んだときのパリッ、ガリッという小気味よい音、ふわっとこうばしい香り、そしてどこか懐かしいほっとする味わい。庶民の古き良きおやつとして、実は長い歴史を持つせんべい、おかき、あられ。ところでこの3つ、米が原料なことは知っていても、どこがどう違うのかまでは意外と知らない人が多いのでは?

残り飯リメイクで誕生した「せんべい」

せんべい(煎餅)が今の形となり、全国区に広がっていったのは江戸時代中期といわれています。もともとは農家の人が残りご飯を煎って蒸し、塩を混ぜてのばして天日干しにしたものを、炭火で焼いておやつに食べていたのが始まり。私たちが普段食べている普通の米、つまり「うるち米」から作るのがせんべいです。

当初は農家の間食として生まれたせんべいでしたが、携帯できる手軽さや保存性から、江戸時代には旅人向けの商品として売り出され、全国各地に広がっていき、やがて醤油味などのバリエーションが増えていったといわれています。

もち米をアレンジした「あられ」「おかき」

一方、うるち米から作るせんべいとは違って、もち米から作るのが「あられ」や「おかき」です。この2つを分けるのは、実は形の違いだけ。粒状の小さなものがあられ、それよりも大きなサイズがおかきと区分されています。

あられは奈良時代、農民が五穀豊穣を祈って紙にもち米をお供えしたあと、それをあぶって間食にしていたことに由来するといわれています。その後、食べやすいように餅状に切り、天日で乾燥させたあと、あぶりながら醤油や塩をまぶすという、せんべいとほぼ同じ製法で作られるようになりました。(TEXT:料理サプリ編集部)
参考文献:『おいしいスイーツの事典』 成美堂出版

おすすめのレシピ

ryorisapuri.jp

ryorisapuri.jp

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ゼクシィキッチンコラムの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP