体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「大吟醸」の意味知ってた? 自分好みの日本酒を見つける方法

f:id:careerca:20151029025229j:plain

ある程度、年齢をかさねてくるとお酒の飲み方もスマートになり、ただのドンチャン騒ぎではなくじっくりとお酒の味を楽しむ”大人の飲み方”を覚えていきたいものです。

ワインやウイスキーを趣味として勉強したり、飲み比べをしたりする人は多くいらっしゃいますが、日本の豊かな自然が生んだ極上の日本酒を楽しむなんて、大人にしかできないたしなみ。

日本酒の知識はさまざまなシーンで役立ちます。例えば、取引先との会食で「この料理にはこんな日本酒がいいんじゃないですかね?」などとさりげなく自分でセレクトするとスマートに見えるうえに、その場の話題としても盛り上がります。

また外国のクライアントが来日した際に日本酒をお勧めすると、それだけで相手が喜んでくれるだけでなく、日本酒について丁寧に説明することで、「この人は勉強熱心だなあ」とビジネス面での信用にもつながるかもしれません。

ただ、ひとえに日本酒といってもその銘柄は20000以上あると言われており、その中から自分好みの一本を見つけるにはそれなりの知識が必要です。

今回はそんな数多くある日本酒の中から自分好みの一本を見つけるためのノウハウをお教えします。

「純米?」「大吟醸?」日本酒の種類と特徴

日本酒には大きく分けて「普通酒」と「特定名称酒」があります。

特定名称酒:法律によって定められた水準をクリアしたブランド酒。料理店などに置いてある銘柄モノはこれにあたります。

普通酒:特定名称酒としての基準を満たさない日本酒。いわゆるコンビニなどで売っているパック酒がこれにあたります。

さらに「特定名称酒」は主にその原料、精米歩合、製造法の3つの基準によって8つに分類されます。それぞれの特徴と合わせて解説しましょう。

【原料】

純米:水・米・米麹のみで作られた日本酒。一般的に味が濃く、お米本来のふくよかな味が特徴。

純米ではない(アルコール添加):水・米・米麹に、醸造アルコールを添加して造られた日本酒。一般的にキレのあるシャープでクリアな味が特徴。

【精米歩合】

玄米を100%とした場合、そこからどれくらいを精米したかを示す数値(例えば一般的な白米が90%)。

この数値が高いほどお米のさまざまな成分が混じり合った複雑な味になり、逆に低くなればよりクリアな味になっていきます。

f:id:careerca:20151029025255j:plain

※左から酒米(精米歩合19%)、食用米(精米歩合90%)、玄米

ちなみに、日本酒初心者は精米歩合の数値が低いほうが飲みやすいと言われています。

【製造法(吟醸造りかどうか)】

日本酒の中でも、低温で長時間かけて造ったものを「吟醸酒」と呼びます。

長い時間をかけて発酵させる間にさまざまな副産物が発生し、フルーティーで華やかと形容される「吟醸香」といわれる香りを立たせます。

f:id:careerca:20151029025313j:plain

これら3つの基準から、特定名称酒は8つの種類に分類されます。

f:id:careerca:20151029025329j:plain

日本酒の味を表す数値を覚えよう!

1 2 3 4次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会