ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

デートにもぴったり♪クリスマスイルミネーションが楽しめるオススメスポット3選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ハロウィンも終わり、街にはクリスマスデコレーションが。となると、はずせないのがクリスマスイルミネーション。今日はデートにもぴったりな、東京近郊のイルミネーションスポットをピックアップ。外は寒くても雰囲気満点でデートが盛り上がること間違いなし!

1.【さがみ湖リゾート プレジャーフォレスト】「さがみ湖イルミリオン」
まずは、相模原市のアミューズメント施設「さがみ湖リゾート プレジャーフォレスト」をチェック。7年目を迎える今年は「英国イルミネーションエリア」が新設され、「光のバッキンガム宮殿」では、音楽に合わせた荘厳な光の瞬きやコミカルな衛兵の交代劇などの演出も。550万球を超えるLEDが、相模湖の森で幻想的な輝きを放っている。都心からも近いので、仕事の後でも楽しめそう。(http://www.sagamiko-resort.jp/illumillion/)

2.【横浜・八景島シーパラダイス】「シーパラ × ネイキッド アクアフォレスト」
日本最大級の水族館と最新テクノロジーが融合した、“これまでにない新体感型イルミネーション”がコンセプト。5万尾のイワシの大群を大迫力で鑑賞できる大水槽「群れと輝きの魚たち」と、吹き抜けの円形の空間を舞台に、“海の生きものたちの楽園”をテーマにした空間演出が行われている。いわゆる“クリスマスイルミネーション”とは一味違った、海の生き物たちが主役のイルミを満喫して。(http://www.seaparadise.co.jp)

3.【御殿場高原時之栖】「時之栖イルミネーション ひかりのすみか 2015-2016」
最後は、都心から約1時間、静岡県御殿場市にあるリゾート施設「御殿場高原時之栖」のイルミネーション情報を。ここのイルミネーションも今年で14年目。今やその代名詞ともいえる全長450mの「光のトンネル」をはじめ、白と淡いピンクの光に彩られた樹齢120年のモミの木のツリーなど、広大な敷地内はどこもロマンチックムード満開。入場無料なのもうれしい(一部、有料会場もあり)。(http://www.tokinosumika.com/sp/illuminations2015/)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP