ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【Interview】“デジタル×ファッション”情報満載!新たな文化を創出するウェブマガジン「DiFa」に迫る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

近年、ファッションの世界でも積極的にデジタルテクノロジーが活用され、その技術はとどまることなく進化している。

一方、日本にはそうした情報をまとめて得るメディアがなく、ファッショニスタたちにジレンマを起こさせている。知りたいことは自分で地道に調べるしかない、というのが現状だ。

そんな状況を打破するために生まれたのが、この「DiFa(ディーファ)」。

“デジタル×ファッション”情報に特化した、日本初のウェブマガジンとして、10月22日にオープン。感度の高い20~30代女性をターゲットに、新たなライフスタイルの提案を仕掛けていく。

コンテンツを手がけるのは、デジタルエージェンシー、スパイスボックス。DiFa Publisher /Planner、水谷 博明(みずたに ひろあき)氏が、取材に応じてくれた。

・斬新な切り口とリアリティで新たなスタイルを提案

Q1:まずは、「DiFa」提供のきっかけから、お聞かせください。

今、デジタル×ファッションの融合が加速しています。

例えば、ファッション業界とテクノロジー業界が手を取り、スマートウォッチやドレスを発表したり、3D Printingを服やショーに活用したり、アプリ1つで服やバッグがレンタルできるサービスを展開したり、といった感じです。

デジタル×ファッションの融合は、私たちのライフスタイルやコミュニケーションの幅を大きく広げています。「DiFa」はそんな新しいスタイルや市場の可能性について、もっと多くの人に伝えたい、提案したいという思いで立ち上げました。

Q2:コンテンツについて、詳しく教えていただけるでしょうか。

大きく2つあります。1つはデジタル×ファッションが融合することで生まれる、ウェアラブルデバイス、サービス、アプリ、イベントやニュースなどの情報を世界中からセレクトし、最新のスタイルを記事として配信するコンテンツ。

2つ目は、デジタル×ファッションに関心、感度が高い”デジタルファッショニスタ”である「DiFa」メンバーの情報(ツイート)を集めた、Feedコンテンツ。Feed内で一定数支持を得た情報は、編集部が追加取材を行い、記事化するという“新しい共創型”モデルを取り入れています。

・情報発信にとどまらない多面的な展開を予定

Q3:編集にあたって最も苦労しているのは、どのようなところでしょうか。

“コンテンツの切り口”と“リアリティ”です。

「DiFa」は、単に最新情報を流すメディアではありません。例えば、アイテムの紹介では、機能だけでなく、ファッションアイテム、サービスとして利用したくなるか、新しい発見があるかなど、さまざまな切り口を考えます。

ファッションメディアという立ち位置から、世の中の動きやトレンドを踏まえ、特に20代〜30代の女性たちにとって、リアリティが感じられる記事を、提案し続けていきたいと考えています。

Q4:今後の展開について、教えてください。

私たちは「DiFa」を中心としながら、「DiFa」メンバーや読者のみなさんと一緒に、デジタル×ファッションに関する新しいカルチャーそのものを創出していきたい、と思っています。

そのため、今後は「DiFa」上での情報発信だけにとどまらず、イベント、サービス、コンサルティングに至るまで、多面的な展開を視野に入れていくつもりです。

ビジュアルの美しさも魅力的な「DiFa」。女子だけのものと限定せず、男性諸氏もぜひのぞいてみてほしい。

DiFa

Techable(テッカブル) -海外・国内のネットベンチャー系ニュースサイト
カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP