ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ギレルモ・デル・トロ最新作『クリムゾン・ピーク』予告編 綺麗な屋敷はやがて“危険な生き物”へ――

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


2016年1月8日(金)より公開となる、ギレルモ・デル・トロ監督の最新作『クリムゾンピーク』。ミア・ワシコウスカ演じる亡霊の見える主人公イーディスが、とある秘密を抱えた美しいお屋敷“クリムゾン・ピーク”で遭遇する、奇妙なできごとを描いたゴシック・ミステリーです。

このたび、今作のポスタービジュアルと予告編が解禁に。ポスタービジュアルでは絢爛豪華な屋敷に佇むイーディスのドレスの裾が真っ赤に染まっており、美しくもなんとも不穏な雰囲気……。
そして予告編もぜひご覧ください。あまりにも美しすぎるお屋敷に圧倒されつつも、“水道から出る真っ赤な水”や、“奇妙な黒い手”がピアノを弾いたり、踊ったり……。さらには、
「地下室には行くな」
「古い屋敷はやがて危険な生き物と化す」
「彼には気をつけるんだ」

といった不安になるセリフが飛び出します。
この屋敷には一体どんな秘密が潜んでいるのか……? 物語にも、映像美にも、期待が高まる予告編となっております。

また、11月6日からは劇場窓口にて“US限定ポスター”付きの前売り券が販売開始。主要キャラクター4人それぞれがデザインされたポスターがランダムでついてきます。主人公の夫を演じるトム・ヒドルストンにドクロがかぶさっているデザインが気になりますね……。各限定500枚ですのでお早めに。

みなさん大変ワクワクされているかとは思いますが、公開は2016年1月8日。もうしばらくお待ちくださいね! どうぞ、お楽しみに!

予告編とすべての画像が表示されない方は元記事をご覧ください

<前売り特典:US限定ポスター>

<ストーリー>
深紅に染まる山頂にそびえ立つ屋敷の、怖ろしくも美しい秘密とは?
イーディスは、幽霊を見ることができる。初めて見たのは10歳、死んだ母親だった……。やがてイーディスはトーマスと恋に落ちる。彼女の父親の不可解な死をきっかけに二人は結婚、トーマスの姉ルシールと一緒に屋敷で暮らすことに。冬になると地表に露出した赤粘土が雪を赤く染めることから、【クリムゾン・ピーク】と名付けられた山頂にある広大な屋敷。イーディスが新たな生活に慣れるにつれ、深紅の亡霊たちが姿を現し、彼女に警告する。

「クリムゾン・ピークに気をつけろ。」

果たして、その言葉の意味とは?そして、この屋敷に隠された秘密とは?

監督:ギレルモ・デル・トロ  脚本:ギレルモ・デル・トロ/マシュー・ロビンス
出演:ミア・ワシコウスカ 『アリス・イン・ワンダーランド』、トム・ヒドルストン 『アベンジャーズ』、ジェシカ・チャステイン 『インターステラ―』、チャーリー・ハナム 『パシフィック・リム』

2015年/アメリカ/上映時間:119分/レーティング:R15+/配給:東宝東和/http://CRIMSONPEAK.jp

(C) Universal Pictures.

レイナスの記事一覧をみる ▶

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP