体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

西岡参議院議長、語る(2) 菅内閣は「共同正犯。連帯して責任を負う」

エンタメ
参議院議長の西岡武夫氏

 参議院議長の西岡武夫氏は2011年6月14日、ニコニコ生放送とUstreamで放送された「山本一太の直滑降ストリーム」に出演した。西岡議長は菅直人首相が「1.5次補正予算案」といわれる法案を編成するよう指示したことについて「チビチビしたことでも出してこられると、国会は対応せざるを得ない」とそのやり方に苦言を呈し、内閣についても「共同正犯」であると非難した。

 以下、山本氏と西岡議長の番組でのやりとりを全文、書き起こして紹介する。

■「”1.5次補正”は延命以外のなにものでもない」

山本一太参議院議員(以下、山本): ここら辺から核心に入っていきたい。今菅総理は国民、それからおそらくメディアにも見限られていると思う。野党だけでなく与党からも、ある意味で言うと「辞めなさい」という大合唱に直面している。ところが議長もご存じの通り、菅総理はいったんは「辞める」という「退陣する」というニュアンスを醸し出して、それによって本当は菅総理に対する不信任決議案に賛成しようと思っていた人たちを「反対」に回した。ところが不信任決議案が否決された直後から今度はもごもごと言い始めて、退陣の「た」の字も辞意の「じ」の字も言わなくなった。こういうことだと思う。

 そこで今国会を延長するかどうかが大きな議論になっていて、菅総理はこれだけブーイングが上がっているにも関わらず辞めない。国会を延長して2次補正(予算案)もやりたい。復興基本法案・・・これは自民党としても通していいと思っているわけだが、エネルギー政策のことまで急に言い始めて。とにかく8月でも9月でも伸ばそうということになってきた。それについて言うと、私は参議院の自民党の政審会長をやっている。非常に慎重にやっていかなければいけないと思うが、もし菅総理が延命のために国会を延長するなどということになってきたら、6月22日の会期末に向けて――もちろんその前に十二分に国民の方々に、なぜ菅政権に辞めてもらわなければいけないのか、議長がかなり(読売新聞への寄稿文でも)雄弁に書いているが、そのことを十分説明して納得してもらって、菅政権の支持率も2割を切るくらいに持っていって。こういうことが条件なのだが、場合によってはやはり参議院でも総理に「No」を突きつけなければいけない。場合によっては総理の問責決議案を出さなければいけない状況は考えられる。

 これが通ると参議院はほとんど菅総理との議論には応じないということなので、相当覚悟が必要だと思う。私はあくまで政審会長としての意見だが、場合によってはそのくらいやらざるを得ないと、国益のために思っている。例えば議長が今仰った、参議院の問責には法的な拘束力がない。しかし総理問責をやることによって、ある意味で言うと参議院はもう菅総理に対して機能しなくなる。万が一総理問責が通ったことになると、議長としてはどう対応されるのか。そういう総理が来た場合でも、例えば本会議のベルを押すことができるのか。ズバっとお聞きしたい。

西岡武夫参議院議長(以下、西岡): これは結論から言うと、問責(決議)が通ったとしても、内閣総理大臣を参議院には来させないということはできないと思う。残念ながら。というのは、もうひとつ問題があるのは、今これだけの(震災の)状況。東日本をはじめ、日本全国いろんな大きな影響を受けている。日本全体のまさに国難だから、いろいろな問題をやっていかなければならない。そこが菅総理の極めてずるいところで、チビチビしたことでも出してこられると国会は対応せざるを得ない。

1 2 3 4次のページ
ニコニコニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会