体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

モーニング娘。新時代のエース“鞘師里保”の生き様――― 17歳で卒業を決断したアイドル人生「突き抜けたいです」

モーニング娘。新時代のエース“鞘師里保”の生き様――― 17歳で卒業を決断したアイドル人生「突き抜けたいです」

 10月29日夜、モーニング娘。’15の鞘師里保が年内での卒業を発表。昨年秋の道重さゆみ卒業後、新生モーニング娘。の顔とも言うべきメンバーだった彼女は、この“17才の決断”に至るまでどんな想いを胸に活動していたのだろうか。

モーニング娘。鞘師里保 キュートなライブ写真一覧

<広島が生んだスーパーアイドル、鞘師里保(人見知り)>

 鞘師里保は、1998年に広島県東広島市で誕生。アクターズスクール広島で6歳(2005年)よりダンスや歌を習いながら「早くモーニング娘。になりたい」と、そのスキルを磨いていた。そして2010年、モーニング娘。主演舞台『ファッショナブル』のオーディションに合格し、憧れのメンバーと念願の初対面を果たすも……

 「嫌ってるのかと思いました(笑)」(道重さゆみ)
 「その舞台には無邪気な子たちが多くて「道重さーん! 一緒に写真撮ってください!」「すごーい!」みたいな感じだったんですけど、そこにひとりだけ「ふーん」みたいな大人びた子がいて。ひとりだけ違う感じで、逆に「あの子は何を考えてるんだろう?」って興味が湧きましたね。」(高橋愛)

 と、後に語られるほどの人見知りを遺憾なく発揮し、2011年のモーニング娘。加入後もしばらくは「真面目です。「そんなに気を遣わなくていいんだよ」って思っちゃうぐらい」と当時のリーダー高橋愛が若干心配するほどだった(道重さゆみに限っては「抱きしめたくなる可愛さ。超可愛い。ヤバイですね。新エースとして期待してます。もう可愛い。本当、可愛いしかないです」とひたすら寵愛していた)。

<いつしかメディアやファンから「絶対的エース」と呼ばれていた>

 が、その一方でパフォーマンススキルは新メンバーの中で群を抜いており、高橋愛や新垣里沙といった一時代を築いた先輩たちが卒業していく中で、気付けばアイドル特有の“キラキラ”を凌ぐ“ギラギラ”した存在感を爆発させ、田中れいなと共にメインボーカルやセンターを張る存在となる。

 「私は入ってきたときに「ダンスが得意です」って言っちゃったんですけど、鞘師さんの存在はやっぱり大きくて。もちろん“負けたくない”と思うところはあるんですけど、私のダンスでは敵わない。」(石田亜佑美)

 「れいな、鞘師には言ってないけど、鞘師のことめっちゃ見てますから。今、可愛がってあげたいナンバーワン。パッと見たら目が合ったりするけん、「今、絶対見よったよね? れいなのこと」みたいな。だから可愛がってあげたいなって思うけど、鞘師は甘え下手だから来ないんですよ。れいなにも、さゆにも。かと言って「おいでー」とか言うタイプじゃないけん、距離感はあるんですけど、れいなの心は向いてます」(田中れいな)

 一切驕ることなく、現状の自分に満足することなく、ストイックにスキルアップに務め、先輩にも後輩にも一目置かれ、いつしかメディアやファンに「絶対的エース」と呼ばれていた鞘師里保。この頃、モーニング娘。の新時代を牽引する存在になると、多くの人が信じて疑わなかっただろう。

<自分はモーニング娘。に必要じゃないのかも>

 しかし、彼女はまだ幼く、本来であれば歴史ある「モーニング娘。」の看板を背負えるような年齢ではない。しかも鞘師里保はモーニング娘。が本当に大好きだった。モーニング娘。を世間に広めたい想い、モーニング娘。をナンバーワンにしたい想いは強烈なほど凄まじく、こちらが「モーニング娘。が今一番格好良いアイドル」と褒めれば、あのギラギラした目つきで強くガッツポーズを決め、マスコミによる囲み取材では「次も1位!」「紅白を狙います!」などの挑戦的な発言をガンガンしていく。その姿には「誰よりもモーニング娘。が好き!」と言って卒業していった先輩たちにも劣らぬ、モーニング娘。への愛が溢れていた。故にそのグループのエースで在り続ける者としての重圧が凄かったことは、容易に想像できる。

 「「こんな私がモーニング娘。をやっていけるのか?」とか「もしかしたら自分はモーニング娘。に必要じゃないのかも」って思ったこともあります」(2013年秋インタビュー http://bit.ly/1PYDHW3)

 「どうしても調子悪い日とかは「歌えない」って思うぐらい、自分が嫌になっちゃうこともあって……でもそんなときにステージに立つと本当に励まされるというか、ファンの方ひとりひとりの顔を見ると、そういう気持ちになっていたのが申し訳なくて涙が出てきたりとか……………………」(2013年冬インタビュー http://bit.ly/20frgcT)

1 2 3次のページ
Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。