ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

新宿地下街が危険地帯に!? 『Gear VR』で“リスク”をバーチャル体験できる『RiskySpot』レポート

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

新宿駅の東口と西口を結ぶ地下街メトロプロムナードにさまざまな危険=リスクが潜んでいる!? そのようなキャンペーン『RiskySpot』(リスキースポット)を、“働けない状態”になった時に備えた保険『1UP』(ワンアップ)を発売した住友生命が実施。どのようなものか体験してみました。

※すべての画像が表示されない場合は下記URLからご覧下さい
http://getnews.jp/archives/1222710

『1UP』の広告で壁や柱が彩られたメトロプロムナード。一見、何の変哲もないいつもの地下街に感じられますが……。

最新鋭のヘッドマウントディスプレー『Gear VR』を所定の場所で装着。そうすると、状況が一変して見えるとのこと。

まずはスタッフさんに装着してもらいました。そうすると、いきなりのぞけって……。

頭を抱えてガード。

さらには左側の方を押さえるしぐさ……。当人以外からは何が起こっているのか分からないので、ちょっとシュールです。

『Gear VR』から、何が見えているかというと……。まず黒スーツの男がいきなり殴りかかってきて、それを別の男が押さえ、アクション映画のような攻防が繰り広げられた後、SFに登場するようなドローンが追い払ってくれます。

安心したのもつかの間。今度は巨大な恐竜が現れて、大きく口を開けて咆哮! ですが、発砲音とともに女性ハンターが登場。恐竜と戦ってくれます。

恐竜もハンターもいなくなり、これで終わり……と思いきや。西口方面から巨大な鉄球が轟音と共に転がってきて……逃げ場がない! ……というところで画面が暗転。『1UP』のCMに出演中の瑛太さんと吉田羊さんが登場して「いや~危なかったですね」と話しかけてきます。危なかったどころじゃないっす……。

日頃通行している地下街が危険地帯に一変するこのキャンペーンは、2015年10月30日から11月1日の9時から17時の間に実施。新宿に用事のある人は、その迫力のある映像を楽しんで(?)みるのも一興かも。

また、『1UP』のスペシャルサイトでは、新CMやリスクチェッカーなどが用意されているので、これを機会に自身を取り巻く“リスク”について、考えてみてはいかがでしょうか。

『1UP』スペシャルサイト
http://1up.sumitomolife.co.jp/

ふじいりょうの記事一覧をみる ▶

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP