ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Microsoft、Android用ホームアプリ「Arrow Launcher」を正式リリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Microsoft がこれまでベータ版として提供してきた自社開発の Android 向けホームアプリ「Microsoft Arrow Launcher」を正式版に昇格させ、改めてリリースしました。アプリは日本語には対応していませんが、Android 4.0.3 以上を搭載した端末なら日本でもダウンロードできます。Arrow Launcher は独自のランチャー機能を備えたホームアプリで、タップで開閉するアプリドロワーを備えており、一見するとオーソドックスなホームアプリのように見えます。特徴は次の二点です。一つは、ホーム画面のスワイプアップ操作でホーム画面に配置していないアプリやショートカットを起動できるところ。これはまるで iPhone のコントロールセンターのようなものです。

もう一つはホーム画面の構成が「Apps」「Recent」「People」の機能別に分かれているところで、ホーム画面を左右にスワイプするだけで、連絡先や最近撮影した写真などにホーム画面でアクセスできます。

さらに、リマインダー機能も備えており、指定した時間に事前に登録しておいたメモを通知します。「Arrow Launcher」(Google Play)

■関連記事
NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクが「Xperia Z5」を本日発売
Samsung、Galaxy S7に搭載する「Exynos 8890」の量産を12月に開始か?
YouTubeの有料サービス「YouTube Red」が提供開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。