ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「紹介予定派遣」経験者の6割が直接雇用に結びつく 「就業先に断られた」人はわずか9%

DATE:
  • ガジェット通信を≫

派遣先企業に将来直接雇用されることを前提に、最長6か月間派遣スタッフとして働く「紹介予定派遣」という制度。職場が自分に合うのか見極めてから就業できることもあり、メリットが多いように見えるが、うまく機能しているのだろうか。

人材派遣の求人サイト「はたらこねっと」(運営:ディップ)が利用者459人にアンケートを実施したところ、紹介予定派遣として働いた経験がある64人のうち38人(59.3%)が直接雇用に結び付いたという。
直接雇用の形態は「正社員」「契約社員」で約半数

直接雇用の形態で最も多かったのは、正社員(26%)。以下契約社員(22%)、アルバイト・パート(11%)と続いた。派遣から直接雇用を選んだ理由としては「長く働ける仕事につきたかったから」(59%)、「福利厚生が手厚くなるから」(38%)があがった。

直接雇用となった人からは、「職場の雰囲気や仕事内容がしっかり分かった上で、雇用関係を選択できるのが魅力」とのコメントが寄せられていた。

一方で、直接雇用に結びつかなかった人も41%いるが「就業先の企業に断られた」人はわずか9%。「職場の人間関係・雰囲気がよくなかったから」(24%)、「希望する雇用形態ではなかったから」(21%)といった理由で、求職者側から断るケースが多数。ただし、

「正式雇用時の待遇が、派遣開始時と派遣終了時で食い違っていた。最初より低い待遇を提示されたので、正社員への切り替えを断念した」

というケースも。直接雇用を前提とすると、就業先が雇用条件を見直す提案をしてくる場合もあるが、派遣会社を通じて自分の意思を伝えやすいため、納得できない条件で勤務させられる恐れは低そうだ。

あわせてよみたい:正社員として働きたい人が「紹介予定派遣」を利用するメリット
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP