ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【ひと先試食】うに料理専門店『うに屋のあまごころ』が東京駅にオープン! 前菜からデザートまで“うにづくし”!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


人々を魅了してやまない“うに”をふんだんに使用した料理ばかりを揃える、うに料理専門店『うに屋のあまごころ』が東京駅にオープン! 本当に“うにづくし”でした。

※すべての画像入りの記事はガジェット通信でご覧ください
http://getnews.jp/archives/1215946[リンク]


2013年4月に前身となる『リッチョマニア・キッチン』が東京駅のレストランエリア「キッチンストリート」にオープン。長崎の老舗うに専門店『あまごころ本舗』が運営し、高級食材のうにをもっと身近に感じてもらうことをコンセプトに、カジュアルな洋食メニューで提供し好評だったお店が、さらに料理の幅を広げて『うに屋のあまごころ』に生まれ変わったのです。

前菜からデザートまで、ウニ・うに・雲丹!

まずはオーソドックスに「うに丼」を一口試食。このお店の「うに丼」の特徴は、自分で好きな産地・量が選べるという新スタイル! 


旬の国産ウニ、チリ産ウニ、その時期に合わせた旬の海外産ウニを10g単位で選んでオリジナルの「うに丼」を自分で作ることができ、手軽に食べ比べることが可能。価格も産地によって異なります。


今回はねっとり濃厚なカナダ産ウニと、臭みがなくいくらでも食べられてしまいそうな北海道産ウニ(白ゴマのかかっている方)を食べ比べ、その違いを実感! 普段産地の違うウニをその場で食べ比べることなどしないので、面白い体験です。

オーソドックスなメニューだけではありません。「うに香るグリーンサラダ」、「うにのガーリックトースト」、「うに塩枝豆」、「うにたこわさ」、「うにだしに漬け込んだ唐揚げ」など、馴染みのあるメニューにもうにが取り入れられており、本当に“うにづくし”! こんなに多彩なうに料理を堪能できる機会はそうそうないのではないでしょうか。



どのメニューもオススメとのことですが、『リッチョマニア・キッチン』の時代から人気だった「うにオムライス」(1490円)はお店が生まれ変わっても健在。クリーミーに練り込んだ練りウニを贅沢に使用したソースがふわとろ卵に絡む! そしてソースにもライスにも蒸しウニがゴロゴロ! 外側、内側どこをとっても、うにを感じることができます。


濃厚なその味はやみつきに。夜はライスなしの「ふわとろオムレツ(うに&トマトのクリーム仕立て)」(780円)でカンパイするのもオススメ。


うにと相性抜群の海苔巻きもいただくことができるのですが、やはり、一味違うのが『あまごころ』。「うにご飯のうに巻」(2コ680円)は、オムライスにも使用している蒸しウニを混ぜ込んだ“うにご飯”に“生うに”をドンと乗せ、塩味が効いた韓国のりで巻いていただきます。


程よい塩気と口に広がるうにと海苔の風味! 美味しくないわけがないですよね。


そして更に贅沢な組み合わせ「うにと和牛のたたき」(4コ1180円)も。薄切りの和牛の上に乗ったうに……豪華な組み合わせが目の前に! こちらも韓国のりで包んで頬張ると、柔らかな和牛とうにのハーモニーにうっとり。この余韻を楽しみながら、お酒を楽しみたい……。




他にも、「うにを練り込んだ生パスタ」(1480円)や「炊きたてうに釜飯」(1800円)、これからの肌寒い季節にぴったりの「野菜たっぷりうに鍋」(2000円)といった何度も足を運びたくなるようなオリジナルうにメニューが盛りだくさん。

また、うに料理を堪能した後に食べて欲しいのが、“雲丹塩”をかけて食べる「あまごころ塩アイス」(400円)。バニラアイスにうに風味の特製塩をかけていただく、さっぱりとした甘じょっぱいデザートです。



雲丹塩は4種類。
・プレーン……うにの風味と塩気が絶妙にアイスの甘みを引き立てます。
・あおさ……あおさ海苔の香ばしい風味が意外にもマッチ。試食した人たちからも好評でした。
・トマト&ハーブ……ひと振りふりかけるだけで、イタリアンでスパイシーなデザートに!
・ゆず……爽やかな柑橘系の香りはハズレ無し。

東京駅で、和から洋までバラエティに富んだ“うに料理”を味わえる『うに屋のあまごころ』。全メニュー制覇してみたくなりました!

店舗名『うに屋のあまごころ』
2015年10月27日オープン
所在地:東京都千代田区丸の内1丁目9番1号 JR東京駅構内1階 キッチンストリート
電話番号:03-6212-6224
営業時間/定休日:11:00~23:00 (LO 22:00) / 無休

東京駅 キッチンストリート:
http://www.tokyoinfo.com/shopl?a=201

nonの記事一覧をみる ▶

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP