体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

サイゼ飲みを極める! コスパ最強イタリアンバルとしての『サイゼリヤ』初級~中級~上級編

IMG_1609_R

コスパ最強イタリアンバル『サイゼリヤ』

お酒好きにとって『安くて美味しく飲めるお店』というのは永遠の課題であり、筆者も含め皆様も日々常にアンテナを張り巡らせていることだろうと思われます。税金は上がる、収入はなかなか増えないなど、普段そうそういいお店には行けない我々庶民とって、『コスパの良いお店をどれだけ押さえているか』ということはある意味死活問題でもあります。

そんな中、この『サイゼリヤ飲み』というものが近年クローズアップされています。安くて美味しいイタリアンレストランが全国に1000店舗以上もあるということなので、それはもうメジャーにならない方がおかしいというものです。

既にサイゼリヤ飲み歴10余年の筆者ですが、「やっと時代が俺に追いついてきたのか」と、まるで自分の手柄のように勘違いしながら時にエレガントに、そして大胆に、おつまみ的なサイドメニューを中心としたサイゼ飲みの極意をレビューしていきたいと思います。

初級編

サイゼリヤ飲みのポイント
・ワインの種類は多い
・ワイン以外のアルコールメニューは少ない
・フードのメニューは充実していて、ワインに合わせやすい
・価格は全体的にリーズナブルで、価格表示は内税

おすすめサイドメニュー

・グリーンサラダ(299円)

IMG_1533_R

『食べる順番ダイエット』というものがあります。最初に野菜を食べておくことは血糖値の急上昇を防ぐ役割があると言われているので、最初に野菜を食べたら後はもう好きなものをガンガン食べていいかも!?※くれぐれも食べ過ぎには注意しましょう

・辛味チキン(299円)

IMG_1883_R

年中『とりあえずビール派』の筆者なので、サイゼに行くと必ずとこれをオーダーします。タレに漬け込み、特製のスパイスで焼き上げた逸品です。

・ミラノ風ドリア(299円)

IMG_1555_R

サイゼの数あるメニューの中でも定番中の定番メニューですね。これを抜きにサイゼリヤは語れません。
しかしこのメニューは本場イタリア人でも「ミラノ風ってなんぞ?」状態らしいですけどね。ミラノの人口の多さはイタリアでは2番目なので、日本で人口が2位といえば神奈川県。ミラノ風ドリアは日本風に言うと『神奈川風中華』ということになるのでしょうか。すみません、なんか支離滅裂でした。

・エスカルゴのオーブン焼き(399円)

IMG_1577_R

こんな高価そうな料理がこのお値段って通常考えられませんね。このメニューは一見、珍しい食材のエスカルゴに目がいきがちですが、実はスープがメインなのです。発酵バターとガーリックの香ばしい風味が素晴らしく食欲をそそります。

IMG_1635_R

これに付いてくるプチフォッカ(イタリア式パン)をスープに付けて食べると、もうやばいくらい赤ワインが進みますよ。
※エスカルゴはちゃんとスタッフ(筆者)が美味しくいただきました。

・フレッシュチーズとトマトのサラダ(299円)

IMG_2050_R IMG_2056_R

水牛のミルクを100%使用した『モッツァレラチーズ』を使用しています。このチーズは最近スーパーでもよく見かけますが、結構いいお値段がしますしトマトも結構お高いので、白ワインや軽めの赤と合わせるとちょっとセレブチックな気分に浸れること請け合いです。

柔らか青豆の温サラダ(199円)

IMG_1673_R

「グリーンピースは苦手」という人にこそ食べてみてほしい一品です。この柔らかくてジューシーな味わいは、今までの「グリーンピースって固くてぼそぼそしてる」というイメージを一転させます。青豆とパンチェッタと玉子の素晴らしい三重奏は、お腹がいっぱいでもついつい注文してしまいます。

・プロシュート(399円)

IMG_1587_R IMG_1636_R

世界3大生ハムの1つ、パルマハム協会認定のパルマ産1年熟成プロシュート。本場イタリア人も認めるこのクオリティがこのお値段!これはぜひ赤ワインでいただきたいですね。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。