ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

在京メディアは東京の年間限度線量超過も無視

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


今回は団藤保晴さんのブログ『Blog vs. Media 時評』からご寄稿いただきました。

在京メディアは東京の年間限度線量超過も無視(追補)
ほとんどの在京メディアが騒がないので共産党の貴重な提言「東京都内各地の空中放射線量測定結果について」 *1 を見落とすところでした。放射線障害防止法など国内法で決まっている一般人の年間被ばく限度線量1mSvを、東京23区の東半分では超える恐れがあるとの指摘で、特に「資料3 放射線量分布マップ 」*2 は必見です。

*1 :「東京都内各地の空中放射線量測定結果について」 2011年5月25日 『日本共産党 東京都議会議員団』
http://www.jcptogidan.gr.jp/html/menu5/2011/20110525195904.html
*2 :「資料3 都内各地の放射線量測定結果」日本共産党都議会実施 ※※Adobe Acrobat Readerが必要です
http://www.jcptogidan.gr.jp/html/menu5/2011/20110525195904_3.pdf

ずっと前から東京大学の「環境放射線情報」 *3 で、本郷(3)地点の線量が0.12μSv/hを維持しているのが気になっていました。これが年間被ばく限度線量1mSvに相当するからです。共産党が都内各地で組織的に測定した結果が上のマップになっていて、本郷は境界線付近にあり、特異点ではなかった訳です。これは真剣に詳細な測定をすべきです。1mSvを超える地域ではそれなりの自衛策を考えるべきですし、人口密度が大きい都内に高線量ホットスポットでもあると困ります。

*3 :「環境放射線情報」東京大学
http://www2.u-tokyo.ac.jp/erc/index.html

毎日新聞都内版の《「東日本大震災:共産党都議団、放射線量公表 葛飾・水元公園が最高 /東京」》*4 を読んで唖然としました。

都は、都健康安全研究センター(新宿区百人町)の地上約18メートル地点にあるモニタリングポストで24時間放射線量を測定し、公表している。24日の平均値は毎時0.0623マイクロシーベルトだった。都の担当者は『高さによって線量に差があるのは把握しているが、それでも現在の数値は健康に影響があるものではない。ただ、安心のために今後地域ごとの測定を進めるかを検討している』とした

*4 :「東日本大震災:共産党都議団、放射線量公表 葛飾・水元公園が最高 /東京」  2011年5月26日 『毎日jp』
http://mainichi.jp/area/tokyo/news/20110526ddlk13040285000c.html

最後の談話にもありますが、共産党がしている地上1メートルでの測定がスタンダードです。地上18メートルなんて、故意に低く見せるための露骨な操作です。こんな“大本営発表”記事を、遠く福島ばかりでなく、自分の足下、東京についてまで臆面もなく書き続けているとは社会にとってもはや害毒です。「在京メディアの真底堕落と熊取6人組への脚光」*5 の「そもそもこうした体質の在京メディアにジャーナリズムを名乗る資格があるのか疑われます」を改めて投げかけましょう。

*5 :「在京メディアの真底堕落と熊取6人組への脚光」 2011月05月11日 『Blog vs. Media 時評』
http://blog.dandoweb.com/?eid=122828

【追補1】
他の全国紙の扱いを知人に調べてもらったら、朝日新聞も都内版のベタ記事で《「放射線量の計測地点 知事に増設申し入れ」共産党都議団》。

共産党都議団は25日、大気の放射線量の計測地点を都内各地に増やすよう、石原慎太郎都知事に申し入れた。同都議団が独自に今月6日から25日、都内全域約130カ所で放射線量の測定をしたところ、都が公表している新宿区の都健康安全研究センターで測定した値より高い地域が多かったという」「都健康安全課の担当者は『現在観測されている都内の放射線量は健康に影響のない数値だ。ただ、地域による違いはあるだろうと考えているので、対応を検討している』と話している。

一方、読売新聞には記事が見あたらないそうです。

【追補2】
東京の自然放射線レベルはかなり低いことを前提にして書いておきましたが、資料を補足します。共産党の測定マップが以下です。

(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
http://px1img.getnews.jp/img/archives/178.jpg

これに対して、日本地質学会の「日本の自然放射線量」*6 から都内付近を取り出したのが以下です。

(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
http://px1img.getnews.jp/img/archives/245.jpg
*6 :「日本の自然放射線量」『日本地質学会』
http://www.geosociety.jp/hazard/content0058.html#map

東京東部の自然放射線量は0.036〜0.054μSv/hの水色ゾーンに入っています。上のマップにある葛飾区0.391、足立区0.257、江東区 0.186、江戸川区0.18などは大きく上回っています。超過分が問題であり、葛飾区付近はもう一段低い自然放射線ゾーンかも知れません。

執筆: この記事は団藤保晴さんのブログ『Blog vs. Media 時評』からご寄稿いただきました。

寄稿の記事一覧をみる ▶

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP