体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

横浜の老舗洋食 センターグリルで 特製ふわとろオムライスを食す

IMG_1623

横浜といえば、みなとみらいや中華街といった地域が、観光では有名かもしれません。
東急東横線からみなと未来線が直接乗り入れているので、埼玉・東京方面から来訪しやすいというのもあるでしょうね。

そのこともあってか、横浜といえば中華料理というイメージを抱く方が圧倒的に多いようです。
実は、昭和の香りがする洋食から本格フレンチや粋な和食まで楽しめる地域があります。それが、日の出町・長者町地域や野毛(のげ)です。

京浜急行日ノ出町から、徒歩5分ほどの場所ですが、かつては風俗店などが乱立するなどといった理由で、女性の方が一人で出かけるには、ちょっと抵抗があるといわれていました。
最近は、再開発と区画整理が進み、食を楽しみたい方は、女性の方一人でも入れる雰囲気の良いお店が増えています。
ちなみに、京浜急行さんが、日の出町や野毛の洋食を楽しむイベントをやってらっしゃいます。ひょっとすると、京浜急行線を利用される方は、野毛地区の洋食店をフィーチャーしたイベントのポスターをご覧になったことがあるかもしれません。

日の出町・野毛の洋食とういうと、「すいれん」ほか、昭和の洋食が楽しめる名店も少なくありません。
迷うところですが、本日うかがったのは、センターグリル。

IMG_1668

花咲町の提灯が下がった門の隣のお店なので、見つけやすいと思います。

IMG_1661 IMG_1666

看板左下の「ナポリタン」にお気づきでしょうか? 実は、茹でたパスタをケチャップで炒めるスタイルの「ナポリタン」を最初に提供したのは、このお店だといわれています。1946年創業だそうですから、今年で69年目なんですね。

1階は、席数が少ないので、大体2階席に通されることが多いですね。写真をとるのは忍びなかったので、お外から撮影させていただきました。

IMG_1662

2階のお席は、採光がしっかりした硝子窓が全面に張ってあるので実にいい雰囲気です。お冷やをいただくグラスも、テーブルにあらかじめセットしてあって、備え付けのポットでお茶を楽しむスタイル。小洒落た昭和の食堂のようなイメージで、御年47歳の僕は、子供のころ両親にデパートの屋上の食堂に連れてきてもらったことを思い出して、少々感激してました。

さて、何をオーダーするか。ハンバーグや、上ランチも捨てがたいですが、今回は特製オムライスをオーダーすることに。
卵料理、特にオムライスは、技術力で味にはっきり差が出るので、オムライスがおいしいなら、他の揚げ物系メニューも美味しいだろうとふんだわけです。

IMG_1623

特製オムライス(850円/サラダ付き1070円)

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy