ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Meizuが新しメタルボディを採用した新型スマートフォン「魅藍 Metal(Charm Blue Metal)」を発表、塗装に日本企業の技術を活用

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中国のスマートフォンメーカー Meizu が Crystal Metal という新しメタルボディを採用した新型スマートフォン「魅藍 Metal(Charm Blue Metal)」を発表しました。Charm Blue Metal は 2014 年にローンチした Xiaomi Redmi 対抗のサブブランド「Charm Blue」シリーズの新モデルです。Flyme OS ではなく、YunOS を搭載しています。価格は 1,099 元 ~ なので、既存の Charm Blue よりも若干高価ですCharm Blue の特徴は名前にも反映されていますが 筐体に “Crystal Metal” を採用したところです。これはダイカスト鋳造と CNC 加工によって製造されたアルミボディで、キズや腐食により強くなったとされています。メタルボディを採用しながらも、本体カラーはブルー、グレー、ゴールド、ピンク、ホワイトの 5 色展開です。塗装には日本企業の技術を活用したと Meizu は述べています。Charm Blue Metal の主要スペックは、5.5 インチ 1,920 x 1,080 ピクセルのディスプレイ、MediaTek Helio X10 MT6795 2.0GHz オクタコアプロセッサ、2GB RAM、16GB / 32GB ROM、背面に 1,300 万画素カメラ、前面に 500 万画素カメラ、3,140mAh バッテリーを搭載しています。Charm Blue Metal は 11 月 2 日に中国で発売される予定です。Source : Weibo

■関連記事
Sony Mobile、SmartWatch 3用の新ウォッチフェイス「モダン」を提供開始
上海問屋、カメラ三脚などにも固定できるスマートフォンリングを発売
「オリコンミュージックストア」でハイレゾ音源の販売が開始、Androidアプリはハイレゾ音源のダウンロードに対応

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP