体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

SCANDAL、ドキュメンタリー映画が好評につき公開延長決定

SCANDALの海外8カ国10公演に完全密着したドキュメンタリー映画『SCANDAL “Documentary film「HELLO WORLD」"』の公開期間延長を発表する映画館が続出している。

映画『SCANDAL “Documentary film「HELLO WORLD」”』公開初日の舞台挨拶 (okmusic UP's)

そんな同映画の公開初日の10月17日、ユナイテッド・シネマ豊洲、ユナイテッド・シネマ浦和にSCANDALのメンバーが訪れ、プレミアチケットとなった公開初日の上映会で舞台挨拶をおこなった。

詰めかけた満席の客席に向かって1人ずつ丁寧に挨拶をしたメンバー。HARUNA(Vo.&Gt.)が「みなさんこれから観るんですね。きっとドキドキしていることでしょう!SCANDALの全貌を覗いていってください」と挨拶すると、RINA(Dr.&Vo.)が「この日を待ち遠しく思っていました。今日はこんなに多くの人に集まってもらって、みなさんがどんな気分になって帰ってくれるのか…すごく気になります。バンドのロードムービーとして最高のものが出来たと思っているので、心から楽しんで帰ってください!」と上映初日の期待を伝えた。

自分達が初めて映画を観終わったときの感想を聞かれると、「楽しかったな~というツアーの記憶がよみがえってきて、日本の皆はまだこれを知らないのか~早く観てほしいな~!と今日までずっと思っていました」とHARUNA自身も映画公開を待ち遠しくしていたことを嬉しそうに話した。RINAは「客観的にこの映画で自分達の日常を振り返ったときに、“日常ってドラマチックなんだ”って思いました」と密着した日常が映画となった喜びを語った。

食欲の秋ということで、ワールドツアー中に食べた食べ物で思い出に残っているものを聞かれると、RINAが「各国記憶に残っていますが、アジアは行く度に屋台も含め美味しくなっている気がします。私の一番のお気に入りは、パリで食べたクロワッサンとクロックムッシュで、凱旋門を観ながらオープンテラスで食べたのが嬉しかったです。」と話し、司会者から「まさにパリジェンヌですね!」と言われると、「かじっちゃいました(笑)パリの雰囲気を味わいながら食べられたのも嬉しかったです。」(RINA)とお茶目にライブ合間のつかの間の羽休めの時間を思い出しながら語り、TOMOMI(Ba.&Vo.)が「楽屋では思い出してたんだけど、忘れちゃった(笑)」と会場の笑いを誘うと、思い出したように「アメリカは、シカゴピザですね!」と印象に残った食べ物を挙げた。MAMI(Gt.&Vo.)からのフォローが入り、「キッシュみたいなんですけど…生地も分厚くて、トマトソースがいっぱいはいっている上にチーズがいっぱい乗っていて美味しかったです」、さらにRINAから「一切れで充分1人前!っていうサイズだったんです!」と説明を受けると仲間のフォローに「ありがとう~」と照れながら、パワフルにワールドツアーをやりきる原動力ともなった思い出の各地の食を話した。また、HARUNAが「香港ではライブが成功するようにライブ前に豚の丸焼きが出てきました!前回香港に行った時より会場が大きくなったので、豚のサイズも大きくなっていました」と話す隣でTOMOMIがサイズを両手で表現してみせる場面もあった。

ワールドツアーに行って、成長や変わったところを聞かれたメンバーは、「曲を書くスピードはかなりスピードアップしました!全員が完成させにいくぞ!っていう気持ちが強まりましたね」とMAMIが話すと、続けてRINAが「今は1日お休みがあれば1曲仕上げようって目標にしています。私たちは4人とも作詞作曲をするので、ワールドツアー中にみんなでそれぞれ、歌詞など曲のかけらができたら送り合うようにしていたんですが、それがいつの間にかスタンダードになりました。ワールドツアーをまわって、その時々に思ったことや瞬間を新鮮なうちにギュッと閉じ込めないと!と感じたんです」とワールドツアーをまわって起きた心境の変化を語った。

映画の中に登場する、メキシコでのメンバーの“初めて”の気持ちのぶつかり合いを心配する司会者がその場面の話を聞くと、HARUNAが「私たちにとっては全然ネガティブなものではなくて…これからの自分達が良くなるためにぶつかったものでした。ツアーから帰ってきて、よりより自分達になるにはどうしたらいいんだろう?とメンバー同士で改めて話し合うきっかけになったんです。バンドを組んで9年目にして初めての経験ですごくいい出来事でした。なので、その姿をみんなに観てもらおうと思って映画にしました。もう繰り返さないようにしよう…と思って、ぶつかり合いの瞬間もあえて映画に入れることにしました」と一蹴した。続けてRINAが「ドキュメンタリーフィルムを作るにあたって、真実をそのままの順序で繋げていかないと、成り立たなかったんです。勇気を持って入れようと思ったし、どういう出来事があって海外でどんなライブをしてきたかってこと、海外で起こったことをそのまま日本で応援してくれるみんなに観てほしかったし、持って帰ってきたかったんです」と日本で待つファンへの強い信頼感を示した。

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。