体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

村川梨衣/大坪由佳/緑川光/今井麻美/内田彩『チェインクロニクル』イベントレポ到着 キャラソンアルバム発売決定

村川梨衣/大坪由佳/緑川光/今井麻美/内田彩『チェインクロニクル』イベントレポ到着 キャラソンアルバム発売決定

 10月10日 東京スカイツリータウン(R)スカイアリーナにて、文化放送『セガネットワークスアワー』の合同公開録音イベントが開催された。

『チェインクロニクル』イベント写真一覧

 『セガネットワークスアワー』は、『村川梨衣・大坪由佳のムラツボ研究所』『緑川光・今井麻美・内田彩のチェンクロラジオ』の2番組で編成されるラジオ放送。この日は普段ラジオを聞いているファンが大勢詰めかけて、会場は満員となった。また、同イベントにて人気アプリゲーム『チェインクロニクル~絆の新大陸~』(以下、チェンクロ)のキャラクターソングアルバム『ソングス・オブ・チェインクロニクル』の?発売も発表?。

 この日は2番組の合同録音という形式もあり、両番組のパーソナリティ、緑川光、今井麻美、内田彩、村川梨衣、大坪由佳が全員で登壇。まずは『村川梨衣・大坪由佳のムラツボ研究所』に緑川光、今井麻美、内田彩がゲスト参加するという形式で、『ムラツボ研究所』の公開録音がスタートした。まずは「お試した結果…www」のコーナーで、5人で一斉に『チェンクロ』のガチャを回すことに。結果は、緑川がSRの棺を担ぐ鬼坊主エンクウ、内田がSRの呪術師アイリを引き、勝ち組ということが判明した。

 次のコーナーは「シュミリエション!」。こちらは以前番組で実施した出演者が問題に次々答えて10連続正解を目指す「10連アンサー」企画をお届けすることに。今回は「東京の地下鉄」「チェンクロ★1鍛冶アルカナの種類」「チェンクロ男性出演者(コラボ含む)」という3つの問題のうち、見事2?つをクリアーし、ご褒美の精霊石が買える魔法のカードを受け取っ?た。

 『村川梨衣・大坪由佳のムラツボ研究所』の公開録音が終了し、ホストとゲストが逆転。後半は『緑川光・今井麻美・内田彩のチェンクロラジオ』にゲストの村川梨衣、大坪由佳が参加した。最初は「チェンクロ総力会議」のコーナー。各人がフリップに、自分の考えたチェンクロの新大陸を描き発表した。

 今井:おバカキャラの大陸
 内田:お菓子の大陸
 大坪:女の大陸
 緑川:ヴェルナーの大陸
 村上:宇宙の新大陸

 以上のような個性溢れる“大陸”と、その説明に会場からも拍手が湧き上がっ?た。

 続いては「チェンクロお姉さんの初心者講座」コーナー。これは初心者からの質問にチェンクロお姉さんこと、内田彩が華麗に答えていくというもの。今回もラジオと同じく、出演陣からの無茶な質問に華麗な回答を披露。以下のような質問と返答が展開された。

 Q.ピリカってやつはなんでいいタイミングでマナを持ってこないんですか?
 A.マナが重いの。あれがピリカの精一杯なのよ

 Q.でもマナをゲットする前にすごい速さで帰ることない?
 A.あれはブラックピリカに追われて、逃げてるのよ

 Q.さっき手に入れたアイリはどうするんですか?
 A.私アイリちゃんはね、10人ぐらい持ってるの。あの子たちいい値で売れるのよ?

 Q.『チェンクロ』のチェンってなに? チェインのイはどこに行ってしまったの?
 A.イはいいってことじゃないかしら? イはいいのよ

 最後のコーナーは「チェンクロインフォメーション」と題し、重大なお知らせが発表。ここで、チェインクロニクルキャラクターソングアルバム『ソングス・オブ・チェインクロニクル』が、12月2日に発売されることが発表された。内容はムラツボ研究所のオープニングテーマや、リヒト(CV:緑川光)、ハンフ(CV:今井麻美)、ファルベ(CV:内田彩)の3人で歌う「OPEN YOUR CHRONICLE」、イベントの出演者5人で歌う「CHAIN!~義勇軍のテーマ~」など盛りだくさん。ソロ曲も含め、全10曲の構成になっている。

 会場では、「OPEN YOUR CHRONICLE」とムラツボ研究所のオープニングテーマ「ぶれいくるーる」のサビが流れ、大いに盛り上がった。

 ラジオの公開録音終了後は、同出演者の動画番組『チェンクロできるかな?』『動く!ムラツボ研究所』の合同収録に移行。当日の観覧者に配布されたシリアルコードによってプレゼントされる、5種の武器の紹介が行われた。武器はそれぞれ5人が考えたものだが、最終的には村川考案の「うな銃」にすべて持って行かれた感があった。

 そのほかに、各人のおすすめパーティでプレイするという企画にチャレンジ。大坪のチーム「アーリーウィ(文字数制限で入らない)」や、今井の「女子支えたい」、緑川の「チーム髭」などが、ファンの声援を受けながらステージに挑んだ。

1 2次のページ
Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。