ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

グルメ業界が注目するハンバーガー店シェイクツリー / ステーキ肉を豪快に使用 チャンキージャンキー

DATE:
  • ガジェット通信を≫

チャンキージャンキー
1600円

いま日本でいちばん注目されているハンバーガーレストランといえば『シェイクツリー』だ。一部のグルメマニアからは、本場ニューヨークの味を超えたとも評価されており、日本全国からその味を求めて『シェイクツリー』にやってくる客がいるという。

・ここでしか食べられないここだけの体験
特に注目を集めているのは、パンをいっさい使用しない『ワイルドアウト』という名のハンバーガー。粗く切ったステーキ肉と挽肉をブレンドしてパティを作り、食感と旨味の双方で食べるものを魅了する。この感動は、まさしく「ここでしか食べられないここだけの体験」といえる。

・『チャンキージャンキー』を強く推奨
そんな『シェイクツリー』ではパンを使用した正当派なハンバーガーも絶賛されているが、もし食べるのであれば『チャンキージャンキー』を強く推奨したい。『ワイルドアウト』でも使用されている、粗く切ったステーキ肉と挽肉をブレンドしてパティを使用。

・純白のエキスはホースラディッシュソース
パンにサンドされているのは、シンプルにパティとレタスのみ。とことん肉の旨味を堪能できるハンバーガーとして作られたものなので、あえてチーズは使用していない(追加トッピングは可能)。

・ローストビーフと同等の食感と旨味
純白のエキスはホースラディッシュソース。本来はローストビーフに使用されるものだが、それをハンバーガーに使用し、パティがキュンと引き締まる作用を生んでいる。そもそもパティに使用されているステーキ肉が、ローストビーフと同等の食感と旨味を持っているため、ホースラディッシュソースがマッチしないはずがない。まさしく絶品だ。

・レタスもサンドしないで食べる!?
ちなみに、スタッフによれば「あえてレタスもサンドしないで食べるのも美味しいですよ。まさしく肉だけに集中した美味しさが感じられる」とのこと。想像しただけで美味しさが伝わってきそうだ。

もっと詳しく読む: 東京メインディッシュ http://main-dish.com/2015/10/20/shake-tree-2/

シェイクツリー
住所: 東京都墨田区亀沢3-13-6 岩崎ビル1F
時間: 11:00~15:00 17:00~23:00 土日祝11:00~23:00
休日: 火曜日
http://tabelog.com/tokyo/A1312/A131201/13134063/

東京メインディッシュの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP