体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【モノ・マガジンのデジカメ報告 No.3】黒船襲来! 合衆国からやってきたマイクロフォーサーズ 『Kodak PIXPRO S-1』

12-45

モノ・マガジンのデジカメ報告No.3

本稿は1982年創刊モノ情報誌のパイオニア『モノ・マガジン』(ワールドフォトプレス刊)好評デジカメ連載『写真家:織本知之のデジカメナウ』や『電子寫眞機戀愛(デンシシャシンキレンアイ)』を気まぐれに、順不同に、電脳スペース上に移植したものである。または、カメラ片手に世の森羅万象を記録せんと闊歩する電磁カメ戦士たちにおくるラブレターでもある。

写真家:織本知之のデジカメナウ『Kodak PIXPRO S-1』

「本当にいいデジカメってどれなんだ?」にご名算。「写真家:織本知之」が注目デジカメの“NOW度”を徹底診断します!

かつて、デジタル一眼の黎明期にコダック製のCCDを搭載したデジ一眼で撮影された深みのある空の青さをコダックブルーと言ってもてはやした時代がありました。

たしかに他社の記録素子がもたらす画像とは一味違う空の色であったのです。なんというか実際の記録すべき色よりも、より人間が記憶しイメージとして心に留めておく空の青さを上手に表現してくれていたのです。

eastman

コダック創業者ジョージ・イーストマン肖像画@NY州ロチェスターのコダック本社(2004年取材時撮影)

しかし、すぐに時代は高画素化へと向かい、その製品サイクルの速さか時代の流れか大人の事情かいつしかコダック製のCCDは姿を消し、その姿をみなくなっていったのです。多くのコダックファンは途方に暮れ、深い悲しみに包まれたものです。

hall

ジョージ・イーストマンが1922年に設立したロチェスター交響楽団の本拠地「イーストマン・シアター」@NY州ロチェスター。ユージン・グーセンスやデヴィッド・ジンマンなどが音楽監督を務めたアメリカの名門楽団だ(2004年取材時撮影)

『Kodak PIXPRO S-1』

さて、時はめぐりやがて平和が訪れた世界に再び天使が舞い降りました。おまたせしました『Kodak PIXPRO S-1』でございます。

全体的にすっきりとしたデザインでペンタ部らしき場所のアクセサリーシュー付近はやや盛り上がっているが、ファインダーは搭載してはおりません。

びっくりするほど小さいわけではないものの質量約290gは十分に軽量。

液晶モニターは3型92万ドットのチルトモニターを採用。心臓部の有効1683万画素のマイクロフォーサーズセンサーはISO200から12800までの撮影感度をそなえ、連写速度は約5コマ/秒……きょうび地味目のスペックでございますな。

コダックもそのへんやや気になっていたようでWi-Fiを搭載したり、タイムラプスやHDRに対応したり、フルHD動画撮影機能も備えたりとサービスしてきているのだが、このカメラのポイントはそこではありませぬ。

先に話したようにコダックと聞いてひとびとの胸に浮かぶ空の青さともうひとつ、長年写真家の表現のよき相棒となっていたフィルムへの郷愁である。

そのフィルムライクな仕上がりを可能とする「Kodachrome」「Ektachrome」とコダックを代表するリバーサルフィルムの名前のついた撮影モードがなんといってもこのS-1の最大のセールスポイント。

妙にキレ味の良い描写『KODAK PIXPRO Aspheric ED Lens 12-45㎜/3.5-6.3』

さらにコダックカラーフィルムの色彩をいまに伝える創業当時から変わらぬ味わいの「Kodacolor」仕上がりなど趣味人をうならせるコダックカラーの再現、よみがえるあの色彩。

1 2 3次のページ
モノ・マガジン編集部の記事一覧をみる

記者:

1982年創刊のモノ情報誌のパイオニア。

ウェブサイト: http://www.monomagazine.com/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会