ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ファミ通クロスレビューの点数はお金で買えるのか聞いてみた

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


ブログや『2ちゃんねる』を読んでいると、「クロスレビューで9点だったのに、実際に買ってみたらつまらなかった!」「大作ゲームは必ずといっていいほど点数が高い」など、クロスレビューに対して不信感を募らせている人が多くいるようだ。

クロスレビューとは、週刊ファミ通というゲーム雑誌が発売直前のゲームソフトに対して点数をつけるというもの。1~10点で評価され、多くの読者がゲームを購入する際に参考にしている。そんなクロスレビューの内容を信じられなくなった読者なのか、低い点数を付けられたメーカーの陰謀なのか、「メーカーからお金をもらって点数を高くしているんじゃないの?」という声がチラホラ聞こえてくる。

当編集部は、元ファミ通編集者に事実を聞いてみることにした(週刊ファミ通と利害関係がなくなった、退職者に聞くのがいちばんと判断したため)。

「絶対にお金で点数を上げることはありません」と語るのは、ファミ通で3年ほど勤務していたという元編集者のMさん(30代 女性)。彼女がいうには、「編集者も人の子ですから接待をされたりした場合、100%点数に影響がないとは言い切れません。しかし、クロスレビューの点数や評価のために金銭や対価などを受け取ったり、渡したりすることは決してありません。ファミ通のクロスレビュアーには、モラルと誇りがちゃんとあります」とのこと。

また、「好きなメーカーだからこそ厳しくなったり、甘くなることはあるでしょうね」とのことで、ひとりのレビュアーを信じるのではなく、複数いるレビュアーから総合して、ゲームソフトの評価をしたほうがよさそうだ。ちなみにMさんがいちばん信用していたクロスレビュアーは水野店長だという。

hiroの記事一覧をみる ▶

記者:

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP