ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

プロ並みの写真をこの手で!世界初、16のレンズを持つ超進化型デジタルカメラに注目

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スマホカメラやデジタルカメラの性能も格段に上がり、誰でもある程度、きれいな写真を撮れるようになった。

いいものが撮れるようになれば、さらに上を見たくなるのが人の性分だが、現実的に見て一眼レフは、やはり敷居が高い。

高度な技術を用いることなく、プロ並みのショットをおさめたいと願うなら、やはりそれなりに進化したカメラが必要だろう。

・プロ顔負けの撮影がどこでも手軽にできる!

そんなカメララバーたちのために誕生したのが、この「Light L16(ライトL16)」だ。

デジタル一眼レフのクオリティと、スマートフォンの利便性を同時に併せ持つ、世界初のマルチレンズ・コンピューター・カメラである。

本体になんと、16個のレンズを実装する「Light L16」。シャッターを押すと、10個のレンズが同時撮影する仕組み。

撮影した写真は、複数の固定された焦点距離でキャプチャーされ、コンピューター処理によって、最大5千200万画素解像度の、高画質画像に生成される。

・スマホ感覚の操作で編集もシェアも思いのまま!

最先端の画像処理エンジンによって、画期的な光学設計を実現している点も、重要なポイント。

これにより暗い場所でも、日が沈んだ後も、変わらず美しい絵を撮ることができる。内蔵型35-150mm光学ズームのおかげで、ピンぼけや画素化なしに、すぐ撮影に入れるのもうれしいところ。

操作はスマホ感覚の、タッチスクリーン。背面に、余計なボタンは一切ない。

ズームも編集も、指先1つで思いのまま。Wi-Fiを搭載しているので、その場でお気に入りのサイトへ、写真をシェアすることも可能だ。

特別な知識もなく、高度な撮影をモノにできる本品は現在、プレオーダー受け付け中。今なら199ドルで購入可能だ。

Light L16

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP