体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

もう見苦しいコードは不要!Qiワイヤレスチャージができるおしゃれなサイドテーブルに注目

FurniQi

「サイドテーブルにはガジェットがたくさん置かれていて、コードが見苦しい」なんて状態で悩んでいる人にオススメなのが、クラウドファンディングIndiegogoで出資受付中の「FurniQi」というサイドテーブルだ。

・竹製のオシャレなQiワイヤレスチャージテーブル

日本の住宅にもマッチする竹製で、エレガントな見た目ながらも、Qiワイヤレスチャージができるという代物だ。

Qiは、ワイヤレスチャージパッドを搭載したトランスミッターとレシーバーの両者があって動作する。対応しているデバイスなら、テーブルに置くだけで充電が可能だ。

ケーブルをつなぐ必要はなく完全にワイヤレスなので、テーブルの上が片付き、見苦しくないのが大きなメリット。

・サークルスポットに置いて充電

FurniQi3

組み立ても簡単で、テーブルの天板部分に、4本の脚を取り付けるだけ。作業はわずか数分で完了する。

テーブルは、高さ470、直径が400ミリメートルという大きさ。天板にサークルが描かれている部分があり、ここがQiのチャージスポットになる。

チャージスポットが1つのタイプと、2つのタイプが用意されているが、集まった出資金次第では、バリエーションが追加される可能性があるという。

FurniQi2

ただ、注意したいのは、テーブルのサークルスポット内にデバイスを置かないと充電ができない点と、テーブルをチャージステーションとして機能させるため、USBケーブルでどこかから電源を取らないといけない点。

なお、このUSBケーブルはブラウンカラーで、目立たないように配慮されている。

・スタイリッシュなポータブルチャージャーの“QiStone+”

また、「QiStone+」というポータブルのワイヤレスチャージャーも用意されていて、Qi対応のデバイスなら、いつでもどこでも置くだけで充電することができる。

このサイドテーブル1つで、あなたの寝室やリビングがスッキリ変わるかも?

FurniQi

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。