体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「Google Chrome OSだけで仕事できる?」最新版を古いノートPCで動かしてみる

Google Chrome OS

●「Webさえあれば大丈夫。」そんな未来はもうすぐです

ガジェ通豆知識「まめち!」担当ふかみんです(豆知識「まめち!」の記事一覧はこちら)。さて『Chrome OS』ですが、最新版では特に設定をいじらなくてもいきなり日本語入力ができるようになってきており、Flashも最初から組み込んでありますから、すぐにニコニコ動画を観ることもできます。上級者じゃなくてもChrome OSが体験できるような環境が整いつつある、ってわけです。実際この原稿もChrome OS 上で書きました。

Chromebook

来月6月にはChromeBook(Chrome OS が最初から入っているノートパソコン)も発売される予定で、なんか面白そうなんだけど、それって一体どんなもので、どれくらい使えるのか、というところが気になっている人も多いんじゃないでしょうか――というわけで実際に動かしてみたら割と面白かったので「Chrome OS」を体験する方法をメモしておきます。実際は「Chrome OS」のオープンソース版「Chromium OS」を動かす方法ということになります。今回は古いPCを活用したい、という個人的なミッションがありましたので、USBメモリから起動を行う方法を。使うのは4年前に購入したPC。これは当時20万円ほどしたもの。同じものが今は中古で3万円代で購入できます。もしこれでサクサク動いて仕事もできれば、今後高いPCを買う理由がなくなります。ちょい重だった「ネットブック」なんかも活きてくるかもしれません。(古いPCだと、USBメモリからの起動に対応していないものもありますので、試す場合はあらかじめ「PC型番 USBブート」で検索して調べておくとよいと思います)

●準備するもの

・USBメモリ(4GBがおすすめ)
・パソコン(Windows動かしてたやつ)

USBメモリの4GBっていうと、今だと1000円ぐらいですか。これを準備します。すでに持っている人であれば、それでもOK。ただし、USBメモリの中身は全部上書きされちゃって空っぽになってしまいますので、今使っているUSBメモリを使う人はバックアップをお忘れなく。


「Google Chrome OSだけで仕事できる?」最新版を古いノートPCで動かしてみる
バッファロー¥ 680 (59% OFF)「Google Chrome OSだけで仕事できる?」最新版を古いノートPCで動かしてみる

1 2 3 4 5 6次のページ
深水英一郎(ふかみん)の記事一覧をみる
深水英一郎(ふかみん)

記者:

見たいものを見に行こう――で有名な、やわらかニュースサイト『ガジェット通信』発行人。トンチの効いた新製品が大好き。ITベンチャー「デジタルデザイン」創業参画後、メールマガジン発行システム「まぐまぐ」を個人で開発。利用者と共につくるネットメディアとかわいいキャラに興味がある。

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会