ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

マリオもパックマンも自由自在!?3Dモデルをドット絵柄で作成できるユニークなオンラインエディター

DATE:
  • ガジェット通信を≫

映画「ピクセル」の大ヒットにあやかって、再び脚光(?)を浴びている、80年代のファミコンゲーム

当時、青春ど真ん中だったアラフォー世代には、グッとくるものがあるのではないだろうか。

魅力は何と言っても、その絵柄。かくかくとしたドット絵は妙に愛らしく、その不自然さがかえって、ゲームに深みを与えていたような気がする。

・キューブを積み重ねて好きなモデルをクリエイト

そんな感慨を持っている人は大勢いるのかもしれない、と思わせるのがこのサービス。

ドット絵的な3Dモデルを作成できる「Voxel Builder」である。

使い方は、実にカンタン。サイトの右上にあるボタンをクリックすれば、エディターページが起動する。

そこでキューブを積み重ねながら、好きな絵を描いていけばいい。わざわざインストールしたり、ダウンロードする必要がないところも、このサービスの利点だろう。

完成したモデルは、エディターのメニューから、PNGファイルとしてエクスポート。あとは、3Dプリンタで印刷すれば、ドット型モデルの出来上がりだ。

・2D プリンタにも対応

ちなみに、3Dプリンタがなくても問題はない。

2Dの場合は、それぞれの層を、カラープリンタで別ページになるように印刷する。最終的に、それらを接着剤やテープを使って、組み立てればいいだけだ。

絵心がなくても、簡単に作れそう。それとも、やはりある程度のクリエイティブセンスは必要なのだろうか。

答えを出すために、まずはトライしてみよう。

Voxel Builder

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP