ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

電グルが“男前”だと?! 『DENKI GROOVE THE MOVIE? 〜石野卓球とピエール瀧〜』ヴィジュアル解禁

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


昨年結成25周年を迎えた電気グルーヴの結成からのヒストリー を追った初の伝記的ドキュメンタリー映画『DENKI GROOVE THE MOVIE? 〜石野卓球とピエール瀧〜』。12月26日の公開を前に、キービジュアルが完成。“男前”な電気の表情がかなり新鮮な一枚となっています。

『DENKI GROOVE THE MOVIE? 〜石野卓球とピエール瀧〜』は、“電気グルーヴとは、果たして何者なのか?”というキャッチフレーズ通り、電気グルーヴのヒストリーを元メンバーやスタッフ、アーティストたちの証言により、 克明に描いたドキュメンタリー。

『モテキ』『恋の渦』『バクマン。』の大根仁監督がメガホンととり、「過去25年分の膨大な映像素材(250時間、 5テラ!!!)をチェック&チョイスした」と話す、電気ファンにとっては絶対に見逃せない、これを観ないと年を越せない一本です。

今回のヴィジュアルに関して大根監督は、「男前な電気グルーヴの映画にしようと思った」と語っており、シリアスな表情が印象的な2人の写真を基調にしたキービジュアルは、毎回凝ったアートワークにも注目が集まる電気グルーヴには珍しいストレートなデザインとなっています。シンプルって逆に新鮮!

映画『DENKI GROOVE THE MOVIE? 〜石野卓球とピエール瀧〜』は、12月26日(土)より全国2週間限定年越しロードショー。

【大根仁監督コメント】

いちばん面白くて、いちばん狂っていて、いちばんカッコ良い先輩たちは、同時にいちばん近づきたくない、すなわちいちばん仕事をしたくない存在でした。 昨年春、この映画の企画をマネージャー道下氏に告げられたとき、それは赤紙招集のような、恐怖新聞が届いたような気持ちでした。道下氏もそれを気遣ったのか、高級鰻店をセッティングしてくれたのですが、せっかくの鰻もマムシの蒲焼きにしか思えませんでした。「オレが断ったらどうなりますか?」「んー、まあ誰か別の監督にお願いすると思いますが・・・二人から挙がったのが大根さんの名前だったんですよ」「・・・」電気 グルーヴ過去25年の映像をエディット&ディレクションする。過去、それなりに難易度の高いミッションをこなしてきた自負はありましたが、いちばんカッコ良い先輩たちが、怖い批評家であることも知っているオレ は、この仕事に確実に「地獄」を予感しました。サブカル世代の合い言葉である【でもやるんだよ!】で乗り切れる仕事でもないことも。今、出来上がった作品を見て思うことは・・・っていうか、まだ出来上がっていません!!昨年のフジロックフェスティバルから撮影を始めて、過去25年分の膨大な映像素材(250時間、 5テラ!!!)をチェック&チョイスして、本格的な編集をスタートさせたのが桜咲く頃でしたが、電気グルーヴのヒストリーを2時間やそこらでまとめることなんかできるわけないじゃないですか!!!というわけで、当初「夏公開」の予定が「冬公開」ということになってしまいました・・・。さらに最近会った卓球さん は「頼んだ覚えはない」、瀧さんには「まかせる。出来上がりを観て文句を言う」と・・・。誰かこの仕事代わって!!!

【イントロダクション】

1989年8月20日、大阪、十三ファンダンゴでの初ライブ。 その日から今日に至るまで、電気グルーヴは常に電気グルーヴであり続けている。
誰も行ったことのない場所で、誰も聴いたことのない音を鳴らし、 誰も観たことのないパフォーマンスを行って、26 年。音楽というジャンルを超えて多くの人々の”生き方”に影響を与え、 そして今も与え続ける存在。それが電気グルーヴである。
これまで世に出ることのなかった幻の初ライブから現在に至るまでの膨大かつ貴重な映像資料と、 元メンバーやスタッフ、アーティストたちの証言により、 克明に語られる電気グルーヴヒストリー。
電気グルーヴとは、果たして何者なのか?

監督:大根仁
キャスト:電気グルーヴ(石野卓球、ピエール瀧)
天久聖一/Andi Absolon(元ヨーロッパ ブッキング エージェント)/ANI(スチャダラパー)/Bose(スチャダラパー)/
CMJK/DJ TASAKA/日高正博((株)スマッシュ 代表取締役)/ケラリーノ・サンドロヴィッチ/
道下善之((株)ソニー・ミュージックアーティスツ)/中山道彦((株)ソニー・ミュージックアーティスツ 代表取締役)/小山田圭吾/
SHINCO(スチャダラパー)/砂原良徳/山口一郎(サカナクション)/山根克巳(LIQUIDROOM)/
山崎洋一郎(rockin’on JAPAN 総編集長)/WESTBAM (A to Z)

藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP