ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

熱烈歓迎! 台湾のファンは凄かった!ニコニコ大会議in台湾!

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ニコニコ大会議in台湾

22日、『ニコニコ動画』の一大イベントであり、有終の美を飾る『ニコニコ大会議2011 in 台湾』が、その名の通り台湾で行われた。 聞けば台湾には熱狂的なユーザーが多数おり、初の海外の地に選ばれたのだそうだ。 それを裏付けるように、ニコニコ動画に歌を公開する”歌い手”のclearさん、Geroさん、ぽこたさんをはじめ出演者達が台湾空港に着くと出待ちのファンに取り囲まれてしまったとか。 果たして本公演はどんな内容となったのか!?

空港の出待ちが出演者達を出迎えてくれた 先頭グループは1週間前から並んでいた!

公演を待ちわびる長蛇の列
会場を訪れて圧倒されたのは、噂に聞いていたファンの熱気だ。 記者が会場に到着したのは開演の5,6時間前だが、既に長蛇の行列が出来上がっていた。 ちなみに一番先頭のグループに話を聞いたところ、なんと1週間も前から並んでいた! なかなか見る機会が少ないこともあるだろうが、その想い・体力には、ただただ「すげえ!」と感服せざるをえない。

会員数は順調に増加している

サービス発表
まずは各種情報・サービスの発表だ。 現在『ニコニコ動画』の登録者数は2180万人、その内プレミアム(有料)会員は126万人と順調に推移している。 更に国別に見ると、アメリカ(8万人)・韓国(8万人)・中国(5万人)などを圧倒する形で台湾ユーザー(26万人)が最も多いことも分かった。 更に『東日本大震災』への募金活動も報告があり、4月30日までの確定集計金額としては2億5137万139円。 これは現在も継続して募金が行われている。

六本木ベルファーレ跡地にニコファーレが誕生

六本木に新施設『ニコファーレ』が誕生
また六本木ベルファーレ跡地に、ニコニコ動画の新施設『ニコファーレ』がオープンする。 これは観客を入れたライブ形式でのイベントを中心に発表会や展示会などの様々なイベントをネット中継するための施設だ。 見所になりそうな点としては、壁面4面・天井にLEDモニタが設置され様々な映像演出が可能に。 例えば『ニコニコ動画』でお馴染みのコメント弾幕(ユーザーがコメントを大量に書き込むこと)を壁に映す出すことで、周囲360度をコメントが埋め尽くされる、という使い方も出来る。 『ニコファーレ』は2011年7月にオープン予定だ。



プレゼンターのドワンゴ社員ロージーさん、亀本さん

インフラの拡充
もう一つの注目としては回線・サーバーの増強に関しての発表だ。 ユーザー数の伸びと共にサイト自体が重くなってしまうことは他のサービスでもままあることだが、特に動画を扱う『ニコニコ動画』の場合、顕著だ。 現状では時間帯によっては必ずしも軽快とは言えない状態であったが、これが軽減される見込みだ。 総帯域数を230Gbpsまで増強、配信キャパシティは夏休み頃をメドに1.5倍にすると発表した。 配信キャパシティが増えることによりニコ動基幹インフラの性能向上と、それに伴う同時接続可能者の純増が期待できる。

台湾でもアニメが視聴可能に

更に、こんなサービスも!
コメントに対するNG機能の充実や、Andoroidではアプリ要らずで『ニコニコ動画』・『ニコニコ生放送』が視聴可能となるなども発表。 また台湾ユーザー向けに、アニメの視聴権を獲得し『らき☆すた』、『魔法少女まどか☆マギカ』も中国語字幕付きでの放送が決定。(『魔法少女まどか☆マギカ』に関しては日本でも視聴可能)、これには会場も大喜びだ。

カンタレラ、聖闘士聖矢の発表

ニコニコミュージカル
ガジェット通信でも精力的に取り上げているのが『ニコニコミュージカル』(通称:ニコミュ)だ。 これは、遠方では見ることが叶わず、また映像化されたとしても録画物であり“生”で見ることが出来なかった舞台・演劇を、インターネットで生中継するというコンセプトで始まったものだ。 現在までに多くの作品が上演されているが、7月には車田正美原作の大ヒット漫画『聖闘士星矢』が、8月には有名ボカロ曲を原案とした『カンタレラ』が上演決定。 こちらも要チェックだ。

座談会

サービス発表に続いては台湾出身のユーザーである、がいらくさん、猫(♂)さん、カラスさん、委員長さん、韓国出身のわたあめさん、更にSkype中継で中国出身のパンダ氏さん達による座談会や、会場への質疑応答が行われた。

そしてライブパートだ。 今回も様々なアーティスト・パフォーマーが参加し会場も大盛り上がり。 ガジェット通信でも紹介したが、今回は紅い流星さん、ティッシュ姫さん、海賊王さん、ショボンさんがコラボし“王族ミント”として強力な演奏でバックを支えている点も必聴だ。 特筆すべきはここでもやはりファンの声援だろう。 その声援の大きさはステージ上の声がかき消される程に大きく、また曲中は隅から隅まで盛り上がるなど、歌い手さん達にとっても、嬉しい環境だったのではないだろうか。(その声援に応える、と考えると相当なプレッシャーかもしれないが) とにかく大変な盛り上がりを見せていた。

最初から最後までアツかった会場の皆さん

記者は会場後方に陣取っていた為、観客の表情を生で見ることになったのは、終演後であった。 そこで目にしたものは、ライブでやや上気し、また何よりもとても満足げな表情を浮かべているお客さん達だ。 帰路へと向かうお客さん達がここまでニコニコとしていたライブは過去にもなかったかもしれない。 それだけ本イベントが台湾のファンにとって待ち焦がれたものであり、またとても充実した時間を過ごしたことの証明になるだろう。

そんなお客さん達と共に盛り上がったセットリストと写真をいくつかピックアップ。 なお、ライブパートに関しては後日、ダイジェスト動画を加えた別記事も掲載予定なので、そちらもチェックして欲しい。

MC:
やまだひさし
杉本誠司(ニワンゴ社長)

セットリスト

smiling geroさん わたあめさん

Smiling/halyosy by All Singers with 王族ミント
二息歩行/DECO*27 by Gero with 王族ミント feat. みぃり&あぷりこっと*
マトリョシカ/ハチ by 灯油 with 王族ミント
Calc./ジミーサムP by わたあめ with 王族ミント

chiaさん dalittleさん neroさん clearさん

シザーハンズ(English Ver.)/Nem & zoozbuh by Da-little with 王族ミント
メランコリック/Junky by Chia feat. めろちん&あぷりこっと*
Bye-Bye LOVER/samfree by nero with 王族ミント
カンタレラ/黒うさP by cleanero with 王族ミント
Little Traveler/ジミーサムP by clear with 王族ミント

e89b87e8b6b3 e381bbe38293e38193e383bce38293 ぽこたさん&事務員Gさん

magnet/minato by だそくりあ with 王族ミント
心拍数#0822/papiyon by 蛇足 feat. けいたん&あぷりこっと*
つきうさぎ/OSTER Project by ほんこーん
歌に形はないけれど(台湾語 Ver.)/doriko(lyrics translation:委員長) by ぽこた with 事務員G

HYBRID SENSEさん che:櫻井さん タイツォンさん 赤飯さん こまんさん

Just Be Friends/Dixie Flatline by Gero with こまん
Corruption Garden/Caz by L.I.N.E(HYBRID SENSE/che:櫻井)
ローリンガール(Rap Ver.)/wowaka by タイツォン with 王族ミント feat. けいたん&めろちん&13
ミツバチ by 赤飯 with 王族ミント
BadBye by こまん with 王族ミント

オーディエンスを沸かす程度の能力 桜ノ雨

ダンシング★サムライ/カニミソP by ぽこた with 王族ミント feat. けいたん&めろちん&13
オーディエンスを沸かす程度の能力 by タイツォン&らっぷ飯 with 王族ミント feat. All Dancers
桜ノ雨/halyosy by All Singers with 事務員G
Fire◎Flower/halyosy by All Cast

さようなら『ニコニコ大会議』、こんにちは『ニコニコ超会議』
繰り返しとなるが惜しまれつつも『ニコニコ大会議』は、この台湾公演で終了となる。 この知らせに涙を流す人も多いかもしれない。 ライブも終演へと向かい、そんな名残惜しさを抱いていた刹那、最後の最後に謎の映像が……。 そう、まさかまさかの2012年に、更なる大規模フェス系イベント『ニコニコ超会議』の開催が宣言されたのだ。 幕張メッセを予定地と発表はされたものの、現地にて何人かのスタッフに話を伺った限りではまだまだ未確定なことばかりのようだ。 ただ「『ニコニコ動画』の全てのジャンルをリアルに落とし込むイメージ」、「多くの方に来て貰えるような日程にしたい」とのコメントがあった。 正直、記者もひっくり返ったこの大発表。 どのようなものになるのか期待しておこう。


ニコニコ大会議2011
http://live.nicovideo.jp/watch/lv48258870
オフィシャルサイト
http://www.nicovideo.jp/daikaigi/

ひげおやじの記事一覧をみる ▶

記者:

インターネットの賑わっているところに大概参加をしながら約20年。 ここ最近はニコニコなどの動画サイトを根城にしつつ、何だかよく分からない生活を送る。 生放送においては過去に、日本全国を生放送をしつつ巡ったり、ヨハネスブルグ、ジンバブエ、カザフスタンなど「そもそも回線は大丈夫なの?」といった場所から生放送を行ったことも。 しかし、一番好きな場所は『自分の部屋』とのたまう、自称「世界で一番忙しいニート」・「世界で一番仕事をしない自宅警備員」。

ウェブサイト: http://com.nicovideo.jp/community/co7201

TwitterID: higeoyaji

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。