ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

第二世代Chromecastの処理性能は初代よりも2.5倍高い

DATE:
  • ガジェット通信を≫

9 月末に米国など海外で発売された Google の第二世代「Chromecast」ですが、その処理性能が旧型よりも最大 2.5 倍向上していることが判明しました。Marbell のプレスリリースによると、2013 年に発売された初代「Chromecast」には Marvell Armada 1500 Mini(88DE3005)プロセッサが搭載されており、その後継には Armada 1500 mini Plus(88DE3006)が搭載されたそうです。Armada 1500 Mini Plus の CPU は デュアルコアの ARM Cortex-A7 で、DMIPS による性能では 4900 DMIPS を出すそうです。旧型の CPU はシングルコアなので、処理性能は大幅に向上したものと考えられます。また、Armada 1500 Mini Plus は 1080 @ 60fps までの映像出力をサポートしています。ハードウェアレベルで 4K には対応していないので、今後のアップデートで 4K をサポートすることはないでしょう。Source : Marvell

■関連記事
Google、Motorolaよりも先に「Droid Maxx 2」の存在を明かす
XiaomiのCEO、Redmi Note 2の販売台数が1,000万台を突破したと明かす
Google Playサービスの互換アプリ開発プロジェクト「MicroG GmsCore」が始動

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP