ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ロンドン生まれのカップケーキ『LOLA’S Cupcakes』が日本初上陸! 注目フレーバーは?

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


イギリス ロンドン生まれのカップケーキブランドがついに日本初出店! 10月3日、『LOLA’S Cupcakes Tokyo』として原宿にオープンしました。現在15種類という豊富なカップケーキの中から、注目のフレーバーをご紹介します!

※すべての画像が表示されない場合はこちらからご覧ください。
http://otajo.jp/51791

誕生エピソードにもほっこり♡
ロンドンの名物カップケーキブランド『LOLA’S Cupcakes』


『101匹わんちゃん』の舞台としても知られる高級住宅街・プリムローズヒル出身のVictoriaとRomyという二人の幼なじみが、自宅のキッチンでカップケーキを作り、友人たちにふるまっていたのが始まりなのだそう。
そのカップケーキの可愛らしい見た目は瞬く間にロンドン中の話題になり、わずか数年後には有名デパートにまで出店。今では市内18店舗とロンドンで最も多い店舗数を誇る有名カップケーキショップになったのだそうです。見た目だけでなくエピソードの可愛さにも思わず頰が緩んじゃう!


記念すべき日本第一号店『LOLA’S Cupcakes Tokyo』は、10月3日(土)に同時オープンした複合型商業施設『カスケード原宿』の2Fに入っています。JR原宿駅から徒歩3分と近いのも魅力!


店内のショーケースにはカップケーキがズラリ!
この光景、女子ならテンションが上がらずにはいられませんっ!!


売り場とキッチンが一体型なのは、実は日本の店舗が初! 奥のキッチンでは毎日一万個から一万二千個のカップケーキを焼き上げます。作りたてのカップケーキがお店に並ぶので、味も新鮮!


メニューはこちら。手書き風イラストがとっても可愛いですね。


ラインナップは、ロンドンで人気のフレーバーと東京オリジナルの限定フレーバーを合わせて15種類。今後ハロウィンやクリスマス、お正月など季節限定のフレーバーも展開予定なのだそうです。レギュラーサイズと、タイニーサイズの2種類のサイズが選べるので、ちょっとずつ色々な種類を食べたい人にも嬉しいですね◎


左に並べられているのがレギュラーサイズ(税抜460円~560円)で、右に並べられているがタイニーサイズ(税抜250円~300円)です。


お気に入りの味をたっぷり楽しみたいなら、迷わずレギュラーサイズ! ひとつでも結構お腹いっぱいになりそうなサイズ感です。


タイニーサイズは、レギュラーサイズの半分ほど。数種類のタイニーサイズのカップケーキを、フルーツと一緒にケーキスタンドに並べるのも可愛いですね。ホームパーティーで出せば、盛り上がること間違いなし!


今回日本に初上陸したカップケーキの味は、本場ロンドンオリジナルの可愛らしさと味を大事にしつつ、女性パティシエが試行錯誤を重ねて日本人向けにアレンジしたのだとか。

迷ったらコレ! 本場ロンドン定番のカップケーキ


どれも魅力的に見えますが、さすがに15種類もあるとチョイスに迷ってしまいますよね。まずは“LOLA’S”に来たら必ず食べておきたい、本国ロンドンで人気のカップケーキをご紹介します!

Red Velvet(レッドベルベッド)
税抜:480円(Regular)/260円(Tiny)


ロンドンの“LOLA’S”では不動の一番人気の『Red Velvet(レッドベルベッド)』。バニラベースにチョコレートが入った生地に、クリームチーズのクリームが乗っています。見た目はとっても甘そうですが、クリームチーズのクリームを使っていることでバニラベースのものよりも甘さ控えめで後味すっきり。外国のお菓子は甘過ぎるというイメージを持っている人でも食べやすそうです。

Cookie&Cream(クッキーアンドクリーム)
税抜:480円(Regular)/260円(Tiny)


お次は『Cookie&Cream(クッキーアンドクリーム)』。生地もクリームもトッピングも全てがオレオクッキーづくしという、オレオ好きにはたまらないカップケーキです。まるまる1枚のったクッキーがインパクト大!

Banoffee(バノフィー)
税抜 :520円(Regular)/280円(Tiny)


『Banoffee(バノフィー)』は、その名のとおりバナナ好きにオススメ。バナナをたっぷり練り込んだ生地と、クリームチーズやマスカルポーネの相性が抜群のカップケーキです。キャラメルでコーティングされた輪切りのバナナとチョコレートのトッピングがオシャレ♪

変わり種!? 野菜を使ったカップケーキも!

Carrot(キャロット)
税抜:480円(Regular)/260円(Tiny)


欧米では馴染みの深いキャロットケーキをイメージした『Carrot(キャロット)』。人参を練り込んだ生地にクリームチーズのクリームを絞り、くるみをトッピングしています。生地の中の人参が意外にゴロゴロ入っていて最初は驚きますが、甘過ぎなくて食べやすく、飽きのこないカップケーキ。男性にもオススメです。

日本限定のオリジナルメニューも要チェック!


“LOLA’S”日本初出店を記念して、4種類の東京限定フレーバーも仲間入り。せっかくなら限定モノも逃さずチェックしておきたいところですよね! 

1)Tokyo Vanilla(東京バニラ)
税抜:480円(Regular)/250円(Tiny)


『Tokyo Vanilla(東京バニラ)』は、“白あん”をクリームに練り込むことで優しい甘さを実現。オリジナルのバニラよりも日本人向けになっています。日本ならではの材料が使われているだけあって、安心感のある味わい!

2)Matcha(抹茶)
税抜:560円(Regular)/300円(Tiny)


近頃ヨーロッパでも人気が高いという“抹茶”をふんだんに使った『Matcha(抹茶)』。マシュマロの入った抹茶チョコがトッピングされ、風味だけでなく食感まで楽しめるカップケーキです。

3)Blood Orange(ブラッド・オレンジ)
税抜:520円(Regular)/280円(Tiny)


華やかな見た目の『Blood Orange(ブラッド・オレンジ)』は、ほろ苦いチョコレート生地に、爽やかな風味のブラッドオレンジクリームとオレンジソースが乗っています。甘さのバランスがちょうど良い◎

4)Mont Blanc(モンブラン)
税抜:560円(Regular)/300円(Tiny)


日本でも人気のスイーツをイメージした『Mont Blanc(モンブラン)』。プレーン生地に蒸し栗のペーストを練り込んだクリームを絞り、和栗の渋皮煮をトッピングしています。お店が秋オープンということもあって、秋の味覚を使ったカップケーキを作ったのだとか!

特別な日には特別なカップケーキでお祝い! カスタムオーダーも展開予定


来年の1月からは『Show Girl』などをはじめとするカスタムオーダーのカップケーキも展開予定。プレート(皿)へのメッセージ入れも可能なので、バースデーや記念日にもオススメです。


約20人前の『Show Girl』は 税抜:9,500円。まるで花束のようなデザインに乙女心をくすぐられます!


3~4人前の『Small Show Girl』は 税抜:2,500円。プレートに好きなアイテムなどを飾ればさらにオリジナリティ溢れるケーキになりそう♪


また、カスタムオーダーにはこのような『Party Cake』の特注サービスも。デザインやカラーまで、希望に合わせて作ってもらえるのだそう!

オープン後も楽しみがいっぱいの『LOLA’S Cupcakes Tokyo』


11月8日まではテイクアウト専門だという『LOLA’S Cupcakes Tokyo』。その後は店内でカフェもスタートする予定なのだとか。季節のカップケーキやカスタムオーダー、カフェなどこの先まだまだお楽しみがたくさんありますね! みなさんもまずは直接足を運んで、お気に入りのカップケーキを見つけてみてくださいね!

店舗情報:『LOLA’S Cupcakes Tokyo』

■所在地:〒150-0001 渋谷区神宮前1-10-37 カスケード原宿2階
■定休日:年中無休
■営業時間:11:00~20:00

公式Facebook:『LOLA’S Cupcakes Tokyo』
https://www.facebook.com/LolasCupcakesTokyo[リンク]

※記事中価格はすべて税抜価格
※本記事はギャザリーとガジェット通信で共同制作しました。
(写真・文 しゃむ)

しゃむの記事一覧をみる ▶
しゃむ

記者:

食いしん坊万歳!

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP