体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【動画】匠の技でiPhoneを修理してくれる業者に潜入取材! 破損したiPhone4は直るのか?

iPhone4 修理中

とある日、ガジェット通信記者は大切にしている『iPhone4』を手から滑り落としてしまい無残にもフロントガラスを割ってしまうという大惨事があったのだ。それが先週のこと。『iPhone』はフロントガラス損傷は初期不良以外サポート外であり、AppleCareも適応されない。またアップルに交換依頼を出すと部品交換とならず新品『iPhone』と交換となるため本体分の大金を払う必要がある。さすがにそれは痛すぎる。今回の『iPhone』破損画像を『Twitter』につぶやいていたら偶然にもそれを見ていた一人の方が居た。それは『iPhone』の修理を手がける業者の方だ。

関連ツイート(http://twitter.com/#!/sol_getnews/status/69023909130936320)

壊れたiPhone4

中野にて『iPhone』修理を請け負う業者でフロントガラスの交換もやってくれる『iphone-Rescue』というお店。修理以外にもバッテリー交換や色の変更なども行っており、持ち込めば即日その場で修理してくれるという。気になるお値段は1万3800円。記者が問い合わせたところ「60分から90分で修理が終わりますよ」とのことだったので早速お願いすることにした。

ついでに取材させて下さい、というお願いにも快く応じていただけたので、早速持ち込み修理をすることに。無残な姿になった『iPhone4』を見せると開口一番「酷い割れ方してますねえ」と……。やっぱり酷いんだ。さらにフロントガラスの右上の個所が粉々になっているらしく、この個所はフロントガラスを外す際に押す場所となっている。しかし粉砕しているためうまく外せなく苦闘していた。

今回修理最中に主人である大林浩司さんにお話も聞いてみたぞ。

店主の大林浩司さん

記者 大変な修理ってあります?
大林浩司(以下、大林) 『iPhone4』のフロントガラスの修理が大変です。マザーボード触るので。

記者 この仕事するまえは何をしていたんですか?
大林 元々修理業をやっていたんですが、『iPhone』を修理する仕事があると知りはじめました。

記者 このお店はいつ頃から?
大林 今年の3月頃からですね。

記者 既に何台くらい修理(分解)しました?
大林 100台以上は修理しましたよ。

記者 修理中に苦労する点は?
大林 ガラスの部分はムラがあるんですよ。硬いものや素直にはずれるものなど。今直しているのはアタリなのかわかりませんが、頑丈に接着されてますね。しかし硬いのは大変です。

記者 部品はどこから調達してるんですか?
大林 特別なルートがあるんです。裏の正規ルートみたいな。変な業者から入手すると大変なことになるんですよ。元々ここはゲストハウスなので、海外貿易に強い人がいるので入手できました。

記者 新しいモデルが出る度に分解して大変ですね。
大林 そうですね。9月に出るとウワサされている新モデルの『iPhone』も買ってすぐに分解しなくちゃいけません。早速『iPhone4』ホワイトを壊した方もいらっしゃいましたし。

1 2次のページ
ソルの記事一覧をみる

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。