ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

日本RPGの悪い意味での「ありがち展開」にゲーム開発者が苦言

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ゲーム

人気ゲームに携わってきたゲーム開発者が、日本のロールプレイングゲーム(RPG)の「悪い意味でありがちな展開」を疑問視する書き込みをして話題となっています。書き込みをしたのは、『ユーディーのアトリエ 〜グラムナートの錬金術士〜』や『ノーラと刻の工房 霧の森の魔女』などの開発に携わっていた吉池真一さん。

吉池さんは日本のRPGにありがちな展開を否定的に考えているようで、それを読んだ人たちからも「もう使い古された手法だしやらないで欲しい」や「RPGにいつまでも定番求める老害はいらん」などの意見があがっており、吉池さんに対して同意の声が寄せられています。

<吉池さんの書き込み>
「勝つことがゲームクリアの大前提の戦闘システムで」「同じ戦闘システムを使って」「絶対負けることになるという演出を知らない状態で」「勝つために頑張ってるのにムリヤリ負けさせられる」のでは評判が良くなるわけはないですよねー
※『Twitter』から引用掲載しました

確かに、絶対に勝てない敵や、絶対にゲームオーバーになる展開はプレイヤーとして厳しいですよね。アイテムをガンガン使って消費したあげく、強制的に全滅という流れは厳しいです……。「強制的に負けるなら普通の戦闘とは違う演出でやってほしい」と思っているプレイヤーは多いかも!?

画像: 吉池さんの『Twitter』書き込み

カテゴリー : ゲーム タグ :
apo mekhanes theosの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。