ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

オダギリジョーも参加!幕末、彰義隊の儚い一生涯描く映画「合葬」初日舞台挨拶

DATE:
  • ガジェット通信を≫

鳥羽・伏見の戦い後、将軍の警護および江戸市中の治安維持を目的として結成された「彰義隊」の若く儚い一生涯を描いた映画「合葬」の初日舞台挨拶が先日行われ、Japaaanも取材に参加してきました。

合葬はモントリオール世界映画祭にも正式招待された作品で、2015年9月26日に初日を迎えました。初日舞台挨拶にはダブル主演の柳楽優弥と瀬戸康史、小林達夫監督のほか、岡山天音、そしてオダギリジョーが急きょ舞台挨拶に登場。

舞台挨拶では、モントリオール映画祭の公式上映に参加した瀬戸康史からオダギリジョーや柳楽優弥へプレゼントが渡されました。

( Photo by Lyuta Ito

物語:「彰義隊」は高い志をもって結成され江戸の民衆からも慕われながらも、幕府の解体とともに反政府的な立場に追いやられてしまった。彰義隊は、「新撰組」や「白虎隊」に比べると、これまであまり語られることがありませんでした。

「合葬」は将軍慶喜に熱い忠誠心をも持ち、自らの意思で彰義隊に加わった青年・極(柳楽優弥)と、養子先から追い出され、行くあてもなく赴くままに彰義隊へ入ってしまう柾之助(瀬戸康史)、彰義隊の存在に異を唱えながらもそこに加わらざるをえなかった悌次郎(岡山天音)の、切なく揺れ動く若き青年達の数奇な運命を描いた物語。

故 杉浦日向子さんの同名のコミックを原作とする本映画は9月26日から全国ロードショー中です。

映画『合葬』公式サイト

日本の文化と「今」をつなぐ – Japaaan

関連記事リンク(外部サイト)

東京物語の撮影風景をカラー写真で!カラーは珍しいかも?
昭和天皇役は本木雅弘。終戦前日からの24時間を描いた「日本のいちばん長い日」が映画化!
教科書にも載っている「おかあさんの木」が映画化!鈴木京香が割烹着姿で主演

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Japaaanマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP