ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NTTドコモ、ミッドレンジクラスのタフネススマートフォン「Galaxy Active neo SC-01H」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

NTT ドコモ は 9 月 30 日、2015 ~ 2016 年冬春商戦の新製品として、Samsung 製 Android スマートフォン「Galaxy Active neo SC-01H」を正式に発表しました。発売時期は 11 月上旬です。Galaxy Active neo の名前自体は初めて目にするのですが、実際のところは、海外で今年 3 月に発売された「Galaxy Xcover 3」の NTT ドコモ版です。Samsung もついに国内でミッドレンジモデルを出してきましたね。Galaxy Acive neo は、4.5 インチ 800 × 480 ピクセルの TFT 液晶ディスプレイ、Snapdragon 410 1.2GHz クアッドコアプロセッサ、2GB RAM、16GB ROM、背面に 800 万画素カメラ、前面に 200 万画素カメラ、2,200mAh バッテリーを搭載し、Wi-Fi a/b/b/n、Bluetooth v4.1 に対応しています。キャリアモデルになって、RAM 容量が 2GB に、ROM 容量が 16GB に増え、背面のカメラも 800 万画素に向上しました。また、VoLTE やワンセグ、おサイフケータイに対応するなど、全体的にスペックは強化されています。この機種の特徴は頑丈なボディです。IP67 の防水・防塵に対応するほか、米国国防総省の調達基準となる MIL-STD-810G 準拠した耐衝撃・耐振動性能に対応しています。OS:Android 5.1(Lollipop)サイズ:133 x 70 x 10.1mm、質量 154gディスプレイ:4.5 インチ、解像度 1,280 × 720 ピクセル(HD)、TFT 液晶、1,677万色プロセッサ:Qualcomm Snapdragon 410 MSM8916 1.2GHz クアッドコア、Adreno 306メモリ:RAM 2GB、内蔵ストレージ 16GB、microSD / microSDHC / microSDXC(最大 128GB)リアカメラ:800 万画素フロントカメラ:200 万画素 Exmor R対応周波数(国内):WCDMA(800 / 2100MHz)、FDD-LTE(800 / 1700 / 2100MHz)対応周波数(国外):GSM(850 / 900 / 1800 / 1900MHz)、WCDMA(850 / 2100MHz)、FDD-LTE(1700 / 2100MHz)FOMA ハイスピード(HSPA):下り最大 14Mbps、上り最大 5.7MbpsLTE:下り最大 150Mbps、上り最大 50Mbps(Premimu 4G 対応)ワイヤレス通信機能:Wi-Fi a/b/g/n(2.4GHz / 5GHz 帯)、Bluetooth v4.1、NFC(TypeA/B)、外部端子類:3.5mm オーディオジャック、Micro USBバッテリー:2,200mAh実使用時間:未定ハイレゾ再生:×LTE / Wi-Fi の同時利用:×生体認証:×緊急省電力モード:○spモード:○ドコモメール(クラウド):○おサイフケータイ:○(NFC)テレビ機能:ワンセグ耐久性:防水(IPX5 / X7)、防塵(IP6X)、MIL-STD-810Gテザリング:○おくだけ充電(ワイヤレス充電):×VoLTE:○WORLD WING:○SIM カード:Nano SIM

■関連記事
NTTドコモ、MIL規格準拠のタフネスモデル「arrows Fit F-01H」を10月7日に発売
NTTドコモ、Android 6.0を搭載した「Nexus 5X」を販売へ
NTTドコモ、5.5インチ4Kディスプレイを搭載した「Xperia Z5 Premium SO-03H」を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP