体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【追加情報あり】神木隆之介さんに緊急インタビュー!~マガジンハウス担当者の今推し本『神木隆之介のMaster’s Cafe 達人たちの夢の叶えかた』

9784838728008

「神木隆之介のMaster’s Café TV」放送決定!
◆日程
2015年10月26日(月)21;00~(1時間の生放送です)
◆番組名
「神木隆之介のMaster’s Café TV」
◆配信サイト
ストラボ東京
http://stolabo-tokyo.com/?aid=251[リンク]

こんにちは、マガジンハウスです。いきなり宣伝ですが、9/25に発売された神木隆之介さんの対談集がすごいんですよ。まずは対談相手をずらっと書きますので、飛ばさず読んでくださいね。
佐藤卓さん(グラフィックデザイナー)、野口聡一さん(宇宙飛行士)、浦沢直樹さん(漫画家)、佐々木則夫さん(サッカー日本女子代表監督)、千宗屋さん(茶人/武者小路千家次期家元)、高橋智隆さん(ロボットクリエイター)、渡部潤一さん(天文学者/国立天文台副台長)、辻村深月さん(小説家)、青柳正規さん(文化庁長官/考古学者)、柳家権太楼さん(落語家)、森永邦彦さん(ファッションデザイナー)、岸見一郎さん(哲学者)、国枝慎吾さん(車いすテ ニスプレーヤー)、糸井重里さん(コピーライター/ほぼ日刊イトイ新聞主宰)、中井貴一さん(俳優)
……すごいでしょう? これら錚々たるマスターの方々に、天使の化身こと神木隆之介さんが、懐に飛び込みつつも冷静に話を引き出し、トークが盛り上がっていく様は必読です。
そして……今日はなんと、著者である神木さんにお越しいただきました! 

神木 「よろしくお願いします!」

―――こちらこそ! 早速ですが、この本ではかなり幅広いジャンルの方にお話を聞かれてますね。お相手が“マスター”なだけに、神木さんは生徒として聞かれていたと思うんですけど、守備範囲の広さにびっくりしました。学校時代は好きな教科や嫌いな教科ってあったんですか? 

神木 「苦手だったのは化学です。物理と世界史は好きでした」

―――では、普通だったら、例えば文化庁長官の青柳さんなどはお会いする前に、「アカデミックだなあ」と気後れしちゃうと思うんですが、神木さんはそういったジャンルはウェルカムだったと。

神木 「お話を伺っていてすごく楽しかったです。“文化って何ですか?”“どういうものを文化っていうのですか?”等の質問は、普段の生活をしていてなかなか出来ない事なので、今回、文化庁に行かせて頂き話を伺えたというのは、とても貴重な経験でした」

―――よく、若い方には、「先生の言ってることがわからないのが不安」っていう思いがあると聞くんですけど、神木さんは敢えて、丸腰で飛び込んだって感じなんですか?

神木 「Master’s Caféは分からない事を教えて頂く企画ですので、僕は毎回ゼロの気持ちで伺うようにしていました」

―――それは役者のお仕事をされてるときもそうなんですか? 役へのアプローチとか、ちょっと難しいなってときとか。

神木 「役作りをする時や、撮影中監督に指導していただく時も、わからないままにはしないほうがいいと思っています。些細な質問でも僕はするようにしていますし、逆にわからないまま進めていったほうが怖いと思うんです」

―――元々、そういう性格でした?

神木 「そうですね。わからないことは知りたいっていう性格です」

―――すごく得な性格ですよね。この本ではどっちかというと生徒役だと思うんですけど、神木さんは子供の頃も含めて、先生になりたいと思ったことはないんでしょうか。

神木 「僕はないです。どちらかというと、一人喋りが苦手なので」

―――教えるよりは教わるほうが好き?

神木 「はい。聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥、とも思っています」

_DSC6889

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy