ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

外部電源不要、薄さわずか10μmのマイクロバッテリー!超小型の電子デバイスに有用

DATE:
  • ガジェット通信を≫

どんどん小型化する電子デバイス。それに伴い、デバイスに用いられる内部バッテリーも、パフォーマンスはキープしつつ、さらなる小型化が求められるようになっている。

・超小型ながら、高出力の3Dマイクロバッテリーが開発中

工学博士Paul Braun氏らが所属するイリノイ大学の研究チームでは、そのような時代の流れを受けて、マイクロサイズながらハイパワーの、特殊な3Dマイクロバッテリーの開発を進めている。

・3D、2Dフォトリソグラフィ技術を組み合わせ

このマイクロバッテリーには、3Dホログラフィーのリソグラフィと、2Dのフォトリソグラフィを組み合わせた技術が使われている。

独自の仕組みによって電極構造のコントロールを可能にし、さまざまなデバイスに合わせて、調整を施しやすい点が大きな特徴。

・バッテリーの薄さは、たったの10μm

マイクロバッテリーは、薄さはたったの10マイクロメートルしかないものの、LEDを点灯させるに十分な0.5ミリアンペアものエネルギーを生み出すことができるという。

・さまざまな分野で、小型電子デバイスに活用できる

この技術が実現されれば、マイクロサイズのさまざまなデバイスに搭載可能になる。

超小型のバッテリーでありながら、かつ外部電源に接続する必要がない、独立したパワーソースとして活用できるわけだ。

小型デバイスの作動装置、送信回路、ワイヤレスセンサー、モニターのほか、人体内に導入する医療デバイスなどに、幅広く有効利用できるだろう。

・スマート家電や、小さいオブジェクトにも

また、スイッチや電灯、冷蔵庫といったスマート家電に導入することで、効率的なワイヤレス接続を可能にしたり、車のキーなどの小さなオブジェクトにも活用が見込める。いち早い実用化が待たれるところ。

University of Illinois 3D microbattery

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP