体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

想像を絶する超リアル感。PlayStation VR『サマーレッスン』TGS体験レポ

スクリーンショット 2015-09-26 22.55.21-s

かつてはProject Morpheusの名で知られており、9/15のSCEJAプレスカンファレンスで正式名称が発表されたPlayStation VR。筆者は正式名称アナウンスの場にも立ち会わせ、その興奮も冷め止まぬままTGSを迎えることとなった。そしてこのPlayStation VRがなんとプレイアブルで体験出来るとの報を受けた筆者は、その中でも特に注目度の高いとされる『サマーレッスン』をプレイすべく全力でTGSへ向かった!そしてそこで見たものは、自分の今までのゲーム経験とは完全に別次元のゲーム体験だったのだ!!あまりにも衝撃を受けすぎて、記事化するのにも時間がかかったこのPlayStation VR『サマーレッスン』について、ありのままの感想をお伝えしたい。

瞬殺とはまさにこの事。整理券配布が一瞬で終わる。

IMG_5437-s

2015年9月20日日曜日、PlayStation VR『サマーレッスン』を体験すべく、筆者は幕張の地に辿り着いた。9:30のTGS開場とともに、なんとかSCEのPlayStation VR整理券配布列に並ぶことが出来た筆者だが、瞬く間に長蛇の列となり、諸々の登録を済ませる頃には整理券配布は終了していた。ちなみに、タイトル別の人気度でも『サマーレッスン』が圧倒的に人気だった。

IMG_5428-s

事前にPlayStationアプリでチェクインQRコードを準備しておく必要がある。ここで手間取っている人もちらほら見かけられた。

IMG_7837-s

なんとか10:40の回の整理券を手に入れ、外に出てみるとそこには「本日の受付は終了」の文字が。あまりにもあっという間の出来事で、つい乾いた笑いが出てしまった。

異常な盛り上がりを見せるPlayStation VRブース

IMG_5436-s

指定された時間になり、PlayStation VRブースに向かう。ブース裏側にはキャンセル待ちの長蛇の列も形成されており、この新デバイスへのとてつもない関心を垣間見たような気すらした。というか、キャンセル待ちの列ですら「満員」ってどういう事なんですか・・・

IMG_5442-s IMG_5448-s

2階建てのプレイアブルコーナーへ通され、プレイアブル担当のお姉さんから説明を受ける。既に多くの人が多種多様なVRゲームを体験しており、その様子は完全にSF映画そのもの。ついに未来時代が来てしまったと、妙に気が引き締まる思いをした。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。