体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

iPhone6s VS iPhone6 変更点&新機能比較レビュー

てす_8941

 2015年9月25日に最新型となるiPhone6s/6sPlusが発売された。公式リリースによると過去最高の出荷台数になるということで好調な売れ行きを示しているiPhone6sシリーズだが、iPhone6と比較して何が変わったのかが一般目線ではわかりづらい。例えば、カメラの解像度が上がったと言われても、一部のアーリーアダプター以外は、解像度の数字よりも実際に撮影して肉眼でどれほどの差が出るのかの方が、買い替え判断として重要なのではないだろうか?
 今回は、入手したばかりのiPhone6sとiPhone6を利用し、都内のiPhoneユーザー2名と筆者、そして専門家としてiPhone修理業者1名の計4名で、変更点と新機能について実際に比較を行った。専門家ではなく“一般の方”目線でレビューする。

検証1、3D Touch(感圧センサー)搭載

てす_7581

6sシリーズから新しく加わった新機能で、画面を押す強さによって操作挙動が変わるというもの。
実際に使用してみると、純正アプリのサファリ、写真、メールなどのアプリアイコンを強く押すことで、ショートカットメニューが表示されるなどの挙動が見られた。使い方としては、今までは2タップかかっていた操作が1タップに省略できるというイメージをするといいだろう。
現在は純正アプリのみで使用できるのでただのショートカットに過ぎないが、この辺りの機能がサードパーティーのアプリに広がることで操作性が格段に上がることが予想される。例えば、ゲームなどでは操作が省略されるだけではなく、より高度な操作ができるようになるだろう。

検証2、CPUがA9へ

一般の方にわかりやすく言うと、重い処理がストレスなく早く処理されるようになるというイメージをしてもらいたい。
しかしながら、一般の操作でそもそもiPhone6が重くて動作が遅い、または固まって動かなくなるという体験は、4人ともほとんど経験がなく、日常使いであればiPhone6で十分ストレスなく使用できると判断。ただし、3Dゲームなど処理が重いゲームなどでは威力を発揮するだろう。

検証3、カメラ解像度UP

てす_4730

正直な話、あまりiPhoneに詳しくない方にもわかりやすい性能アップとして、カメラ機能の強化には期待をしていた。
しかし、同じ時間同じ角度からiPhone6s/iPhone6でそれぞれ撮影した2枚の写真を肉眼でみる限り、正直な話、どちらが6sの綺麗な写真なのかがわからない。
iPhone6の画面で違いがわからないということは、facebookやインスタなどでアップしても画質の違いがわからないということだ。

スクリーンショット 2015-09-26 11.52.07

また、こちらはパソコンで拡大して比較したものだが、どちらが6sの綺麗な写真か判断できるだろうか?写真に詳しいプロの方であればもしかしたら、その判断がつくのかもしれないが、その場にいた4人の目には見分けがつかなかった。
なお、iPhoneの写真比較も、拡大写真の比較も、右側が6sでの撮影である。

検証4、カメラ暗視撮影時の画質向上

スクリーンショット 2015-09-26 12.13.17

これも一般の人にとっては嬉しい機能向上のはずだったが、撮影してiPhoneで閲覧するだけではあまり違いはわからない。
しかし、パソコンで拡大して比較してみると、写真右の方が壁の質感やグラスの輪郭がしっかりしており、逆に左側は粒子が潰れしまっているのがわかる。もちろん、右側がiPhone6sで撮影した写真だ。
iPhoneでぱっと見る分にはわかりづらいものの、一応、その機能向上の片鱗をみることはできた。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。