ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【ライヴ・レポート】みみめめMIMI、自主企画で分島花音と鍵盤&チェロのコラボ! 「シュガーソングとビターステップ」披露

DATE:
  • ガジェット通信を≫

シンガー・ソングライターで声優のタカオユキとイラストレーターのちゃもーいによる新世代視聴覚ユニット、みみめめMIMIが9月21日、東京・代官山UNITで自主企画〈視聴覚アカデミーVol.3〉を開催した。

毎回さまざまなアーティストをゲストに迎えて行っているこの企画。今回はチェロの演奏も行うシンガー・ソングライター、分島花音を招いて、各々のライヴのほかにアンコールでは貴重なコラボレーションを披露。充実した内容で、3度目の自主企画は大成功を収めた。

後ろの方までぎっしりと埋まった会場。まずはステージに分島が現れ、チェロの弾き語りで曲を披露していくと、客席はサイリウムを光らせて盛り上げた。MCでは「はじめましての方がほとんどだと思うんですけど、分島花音といいます」と自己紹介。先日タカオとはじめてプライベートでピザ屋へ出かけたエピソードを披露すると、「今日はユキちゃんと、みみめめMIMIさんのファンの方が集まってきてくださっているということで緊張しているのですが、聴いていただけたらと思います」と話し、「モンスター・スター」を熱唱した。

イントロのストリングスに歓声があがると「killy killy JOKER」を披露。分島が弓を客席に向けて煽ると場内の熱気は急上昇。「みなさん息がぴったりですね」と満足そうな笑顔を見せた。次の曲が最後であることを告げると、「盛り上げないとユキちゃんが来ないかも(笑)。”分島花音の視聴覚アカデミー”になっちゃうかもしれないから、よかったら一緒に振ってください」と呼びかけ、客席は両アーティストのグッズのフラッグを一斉に振る。一体となった客席を前に「RIGHT LIGHT RISE」を披露して、分島は出番を終えた。

転換を挟んでSEが流れると、手拍子に迎えられてタカオとドラムのMAIMAI、DJうこっけいが登場。いきなり最新シングル「CANDY MAGIC」からライヴがスタートすると、観客は手をあげて早くも大盛り上がり。タカオが「今日は集まってくれてありがとうございます! 後ろの人も見えてるよ。最後まで一緒に楽しんでいきましょう!」と呼びかけると、ステージ後方のスクリーンに映されたMVを背に「Mr.Darling」を披露した。

分島を自主企画に招くことが念願だったというタカオは、「花音ちゃんのフラッグと、みみめめMIMIのフラッグが混ざっていてとてもうれしかったです」と分島のライヴの光景をうれしそうに振り返った。「夏から秋に季節が変わっていく、この時期にぴったりの曲を歌おうと思います」と紹介すると、タカオのキーボード弾き語りから「no name love song」へ。狂おしい鍵盤のフレーズからはじまった「お絵描き」では、「女子力」をテーマにしたメンバー紹介も行われた。「1,2,少女」で客席が一斉にフラッグを振ると、「〈視聴覚アカデミーVol.1〉で初披露して、みんなで育ててきた曲だと思っています」と感慨深そうに話し、タカオもフラッグを掲げた。

続いてのMCでは「夏振り返りごっこ」と称し、各々が今夏のできごとを振り返る。MAIMAIは「寝てばっかいました。でも夏は最高ですよね」と話すと、タカオは「私、夏はそんな好きじゃない派だったんですけど、今年はいろんな場所にライヴで行かせてもらって、夏楽しいと思いましたよ!」とコメント。DJうこっけいが「沖縄出身なんですけど、生まれて初めて九州地方に行きました」と明かし、みみめめMIMIのライヴで一緒に地方をまわったことを回想した。そしてタカオは「もっとみんなのことを思って曲を書いたりライヴをやったりしたいなと思いました。もっとみみめめMIMIの世界を大きくして届けるにはどうしたらいいかを考えたし、そのときに思ったのはみんなのことです」と客席に感謝を伝えつつ、変わらぬ応援を呼びかけた。

タカオが手ぬぐいを掲げながら振り付けをレクチャーすると、新曲「天手古舞」へ。早口に歌われるサビが印象的なアップ・テンポのナンバーに、客席は新曲とは思えない盛り上がりをみせた。「みみめめ」「MIMI」コールから「瞬間リアリティ」がはじまると、ラストに向けて一気に一体感が高まる。「次が最後です! みなさん、全部出しきってください!」という呼びかけから高速チューン「サヨナラ嘘ツキ」がスタート。大きな手拍子と歓声の余韻が残るなか、本編は終わりを迎えた。

アンコールに応えて、みみめめMIMIの3人がステージに戻ると、タカオは「スペシャル・コラボをやりたいと思います!」と宣言し、分島を呼びこむ。タカオが「今日はどうでしたか?」と問いかけると、分島は「あたたかい方ばかりで、すごい楽しかったです」と笑顔を見せた。そして「ふたりでこれをやったら喜んでくれるんじゃないかと思って選びました。知ってる人は一緒に歌ってください」とタカオが曲紹介すると、はじまったのはなんとUNISON SQUARE GARDENのカヴァー「シュガーソングとビターステップ」。タカオがキーボード、分島はチェロを演奏しながらふたりで順に歌声を届け、貴重なコラボレーションに客席は酔いしれた。

演奏を終えた分島は「キーボードとチェロでのセッションは夢だったので、夢が叶いました。ありがとうございます」と感謝。タカオはマイクを外し、生声で「みなさん、今日はありがとうございました。本当に楽しかったです」とあいさつすると、満面の笑顔で客席に手を振りながらステージを後にした。

コラボ曲「シュガーソングとビターステップ」は、本編最後に演奏した「サヨナラ嘘ツキ」のプロデュースを担当した田淵智也が作詞・作曲しており、アンコールで披露されたときも驚くほどハマっていた。客席も彼女たちの持ち曲と変わらないくらい盛り上がっていたのが印象的で、タカオと分島も終始ライヴを楽しんでいる姿がうかがえた。〈視聴覚アカデミー〉ではゲスト・アーティストとのコラボが恒例となっているが、毎回違った驚きが用意されているだけに、今後の開催にもおおいに期待したい。(前田将博)

みみめめMIMI自主企画イベント〈視聴覚アカデミーVol.3〉
2015年9月21日(祝・月)代官山UNIT

分島花音
1. celmisia
2. サクラメイキュウ
3. world’s end, girl’s rondo
4. モンスター・スター
5. killy killy JOKER
6. RIGHT LIGHT RISE

みみめめMIMI
1. CANDY MAGIC
2. Mr.Darling
3. no name love song
4. お絵描き
5. 1,2,少女
6. 天手古舞
7. 瞬間リアリティ
8. サヨナラ嘘ツキ

アンコール(みみめめMIMIx分島花音)
1. シュガーソングとビターステップ(UNISON SQUARE GARDENカヴァー)

・みみめめMIMI、アニメ『山田くんと7人の魔女』ED収録の新シングルを初ハイレゾ配信&インタビュー(OTOTOY特集ページ)
http://ototoy.jp/feature/20150610

・みみめめMIMIオフィシャサイト
http://mimimememimi.com

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP