ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google超入門『Gmail』の使い方編(1) アカウントを作ってみよう

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


検索エンジンから始まったGoogleのサービスも、いつの間にか数多くのサービスが増えていて、すべて把握できている人は数少ないのではないのでしょうか。ガジェット通信を読んでいる方は、ウェブサービスを使いこなしている方も多いと思いますが、周りの初心者の方から「Googleカレンダー」「Gmail」「Googleドキュメント」など、個別のサービスの使い方をきかれてドギマギしてしまった、という人もいるのではないでしょうか。実は記者もドギマギしてしまうことがあるので、そういう時に「これ読んで」というために記事を書いておくことにしました。「Googleのサービス」と言ってもさまざま。そんな方のために「Google超入門」というタイトルで不定期ですが入門記事を掲載しますので、いざというときのためにブックマークしておいてください。

さてさて、Google超初心者入門『Gmail』の使い方編、まずはアカウントの作り方からのんびりはじめていきましょう。メールアカウント作成までにかかる時間は数分程度、さくさくっと新しいメールアドレスが手に入りますよ。

Gmail
http://gmail.com/

まずは『Gmail』にアクセス。「Gmailを使う10の理由」が書かれています。「『Gmail』を使う良さにはこんなものがあるのか」とさらっと読んで「アカウント作成」ボタンをぽちっと押してください。

「アカウント作成」のための入力画面が出てきます。「姓」「名」の欄には、メール送信時に表示したい名前を、漢字・ひらがな・かたかな、ローマ字のいずれかで、本名あるいはハンドルネームで入力してください。「希望するユーザー名」には、メールアドレスとなる「@gmail.com」の前に表示される英数字を入力。人気のある名前や英単語はすでに使われていることが多いので「使用できるか確認」ボタンを押してチェックします。ドット「.」も使えますので、うまく組み合わせてみてください。パスワードやその他の項目に入力し、「利用規約」を確認したら「アカウントを作成します」ボタンをクリックします。

尚、この後に「アカウントをご確認ください」という画面が表示される場合があります。これは、電話を使った音声による確認のための画面です。ロボットプログラムを使ってGoogleのアカウントを大量に取得しようとする人が世の中にいるらしく、その行為を防ぎ、間違いなく人間が今からGoogleアカウントを取得しようとしているというのを確認するための画面です。携帯会社と携帯番号を入力し、「携帯電話に確認番号を送信」というボタンをクリックしてください。

……しばらくすると携帯電話にGoogleから電話がかかってきます。とはいっても、電話の相手はGoogleのコンピューターです。プログラムが音声で確認番号を教えてくれますので、それを入力してください。

「Gmailへようこそ」の画面が表示されます。ここでも再び『Gmail』の特徴的な機能を紹介されますが、「いっぺんにたくさんの情報を見ると混乱しそう……」と不安になるようでしたら、さくっと「メールボックスを開く」リンクをクリックして次に進みましょう。各種機能は使っているうちにだんだんわかってきますので。

ついにあなたの『Gmail』のメールボックス画面が表示されます。メールボックスには、『Gmail』チームから、『Gmail』の使い方に関する3通のメールが届いています。時間があれば、これらのメールの情報にしたがって『Gmail』のデザインを変更したり、連絡先を整理したりしてみてください。

新規メールの作成は『Gmail』ロゴの下あたりにある『メールを作成』ボタンをクリックして行います。念のため、自分の利用している携帯メールアドレスなどにテストメールを送信し、メールの差出人名の表示などが希望通りにできているかどうかをチェックしてみましょう。メールを確認できたらアカウント開設は無事完了です! 

『Gmail』の容量は7.5GBあり、かなり多くのメールを保存可能。他に利用しているメールアドレスからメールを転送して、『Gmail』上で一括管理するなどいろんな使い方ができます。次回は、『Gmail』のメールをラベルで分類する方法をご紹介します。
 

 

■関連記事
『Google I/O』って何? 今年話題の新サービスをまとめてみた
Gmailが初めての人に教えてあげたいちょっとしたこと
ドコモの携帯から『Gmail』にメールを送ると“音符”の絵文字が“うんこ”になる
Googleのブログサービス「Blogger」で大規模障害、メンテ以降のブログ記事が消失中
『Google』で「鋤なの?」と検索するとドキッとする

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる ▶

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP