ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

ニンテンドー3DS用の巨大ARカードが任天堂から届いたよ! 部屋狭い人涙目

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

等身大Mii さつえいARカード

『ニンテンドー3DS』用の巨大ARカードがクラブニンテンドー会員向けに届けられた。記者もそんなクラブニンテンドー会員であり早速申し込みこの巨大ARカードが届いたわけだ。ダンボールの中に入っていたのだが、箱の形状からしてARカードだなと容易に想像がついた。

中をあけるとビニールに入れられた巨大ARカードが二つ折りにされており開くとさらに大きくなる。先ほどから「巨大ARカード」と書いているが、正式名称は『等身大Mii さつえいARカード』という。

通常は手の平サイズのARカードだが、この巨大ARカードを認識させると全てのキャラクターが巨大になるというもの。これはクラブニンテンドーにて100ポイントにて引き替えることができる(7月より250ポイント)。

使い方は通常のARカードと同じなのだが、巨大なだけあって使い勝手がやや異なる。まず認識させるのに今までは「30センチ」だったのが1メートル離れて認識させる必要があり、さらにキャラクターが登場したさいのセリフを読むには3メートル以上離れないと上に隠れてしまう。

Xボタンでキャラクターを3段階に変化させる機能があるのだが、それで最大化させると全てを見るにはかなり後ろに下がらないと行けないだろう。これは部屋のスペースをかなり必要とする巨大ARカードだ。
この大きさでARゲームズを遊んだらまた違った面白さが体験できるかもしれない。ちなみにカードの種類は「?」と「マリオ」だ。
現在もクラブニンテンドーで受付中。申し込みから発送までやや時間が掛かるが、今は在庫があるようなので今すぐ申し込もう。

裏面

マリオでかすぎ

?ボックスもでかい

小さいマリオ

……ここからは余談。

以前ガジェット通信でも紹介した自作巨大ARカードをご存じだろうか? その製作過程から撮影風景までをニコニコ動画に公開されており、話題になった。あまりの大きさにビルの上から撮影したほどだ。今回任天堂が送って来た巨大ARカード以上の大きさだ。興味のある方はそちらもご覧頂きたい。

またARカードは自作も可能でそれにチャレンジしたのが、我がガジェット通信編集部。実際に似せて書いたら認識するのかという素朴な疑問にお答えすべく実行してみたところ……。そちらもニコニコ動画に動画をアップしてあるのでご覧頂きたい。

※全ての写真をご覧頂くにはこちらからご覧下さい。

クラブニンテンドー
https://club.nintendo.jp/

ゼルダの伝説 時のオカリナ 3D


ゼルダの伝説 時のオカリナ 3D

閃乱カグラ -少女達の真影- (2011年夏発売予定)


閃乱カグラ -少女達の真影- (2011年夏発売予定)

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。