体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

常連も絶賛!噂の『帆立貝フライカリー』を食べてみた @『おさ』小田急相模原

osa-ho2_R

「なんとなくカレーがマイブーム」

と言う非常に個人的な理由で、がむしゃらにカレー特集を一方的に進める筆者ですが、反省はしていません。

美味しそうな写真を世にバラ撒いて、人々を刺激するのが仕事で御座います。

無論、勝つ為には手段を選びません。

使う武器はラーメンでもカツ丼でもカレーでも良いのです。

オダサガの隠れ里『おさ』

osa-ho13_R

そんな筆者の最終兵器がオダサガ(小田急相模原)にあるレストラン『おさ』です。

ハンバーグで有名(オダサガ限定)な『おさ』ですが、他の料理も美味しく、特にカレーは常連の人達に人気があります。

ちなみに営業時間が極端に短く、基本的には“一回転”しかさせないので、遠方から訪れる人は予約してからの方が確実だと言っておきましょう。

『帆立貝フライカリー』を所望する!

osa-ho4_R

すでに『ハンバーグカリー』と『カツカリー』を出してしまった今、筆者に残された武器は

『帆立貝フライカリー』(900円+大盛り200円)

となります。正直『ハンバーグカリー』と言う“最強の兵器”を最初に出してしまった筆者の戦術的失敗は否めませんが、戦とはどう転ぶか分からないものですね……。

『おさ』の大盛りはデカ盛り級である!

osa-ho3_R

『おさ』は、ほとんどのメニューが大盛りに対応しています。

しかし!

大盛りにすると皿が巨大になり、そのボリュームは大盛りどころか“デカ盛り”に近くなるので要注意です。

今回も200円アップで大盛りにしましたが、さすがに『とんかつ赤城』の直後で連食するにはヘヴィーですな……。

なので、軽い気持ちで大盛りをオーダーする事は推奨しませんが、本当に心から大盛りを愛する人には嬉しい『おさ』の大盛りです。

ホタテが丸ごと入っているだと!

osa-ho10_R

若干、写真では“ホタテである事すら伝わらない”みたいな気がしないでも無いのですが、一口食べて驚きました。

1 2 3 4次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会