ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

シャープがツインカメラと3D液晶搭載のAndroidスマートフォン『AQUOS PHONE SH-12C』を発表 ドコモから5月20日発売へ

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
シャープがツインカメラと3D液晶搭載のAndroidスマートフォン『AQUOS PHONE SH-12C』を発表 ドコモから5月20日発売へ

シャープは、ツインカメラと3D液晶を搭載したAndroidスマートフォン『AQUOS PHONE SH-12C』の開発を発表。NTTドコモから5月20日に発売を予定しています。

スマートフォン用OSの最新版であるAndroid 2.3を搭載。800万画素のツインカメラを搭載し、横持ちにして3Dの静止画や動画を撮影できます。4.2インチ、540×960ドットのQHD液晶は、3Dコンテンツを裸眼で立体視可能。ハイビジョン画質の3D動画を、立体視した映像を見ながら撮影することができます。

撮影環境に応じて最適な撮影モードを自動で切り替える『シーン自動認識』、フォーカスを合わせた被写体を自動で追尾する『チェイスフォーカス』といったカメラ機能も3D撮影に対応。HDMI接続により液晶テレビ『AQUOS』で映像を出力できます。

NTTドコモは来週、5月16日に製品発表会を予定しています。複数メーカーからスマートフォンが発表されると見られますが、その中でも最も早い発売の製品となりそうです。

※追記:
ドコモからの発表資料によると、無線LANルーターとして使える『Wi-Fi』テザリング機能を搭載。最大5大までの機器をネットに接続できます。『おサイフケータイ』、赤外線、ワンセグにも対応するほか、下り最大14Mbpsの『FOMAハイスピード』に対応。

本体カラーはBLACKとWHITE

『AQUOS PHONE SH-12C』主な仕様
サイズ:W64×D11.9×H127mm
重量:約138g
ディスプレー:約4.2インチ QHD(540×960ドット) 3D対応 NewモバイルASV液晶
カメラ:有効画素数 約800万画素 CMOSカメラ 2個
インカメラ:有効画素数 約32万画素 CMOSカメラ
3G連続待ち受け時間:約430時間
GSM連続待ち受け時間:約300時間
連続通話時間:約280分(3G)、約310分(GSM)
本体カラー:BLACK、WHITE

※追記:ドコモからの製品写真を追加し、仕様を追記しました

shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。