体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

お金をかけずに音楽を楽しむ方法「ネットで楽しむクラシック超入門」

クラシックを楽しもう

●ネットで楽しむクラシック超入門
お金をかけずに音楽を楽しむには――答えは簡単。クラシックを好きになればいい。クラシックは無料で演奏音源をダウンロードして楽しめるばかりではなく、楽譜も無料でダウンロードして使える。クラシック音楽とネットの相性は意外や意外、かなり良いのです。しかもクラシックは時代を超えて愛されてきたものですから、一度その楽しさがわかれば、一生モンです。そんなクラシック音楽を楽しんでみませんか、というわけでこれまで”ノーマーク”だった方のために無料で楽曲をみつけて楽しむ方法や、具体的なオススメ楽曲の一覧をつくってみました。

●クラシックは音楽の冒険者達の足跡

モーツァルトが現代に生まれていたら、電子音楽にはまっていたんじゃないかなと思う。そしてボーカロイドにもめちゃめちゃ興味持ったんじゃないでしょうか。もちろんこれは勝手な想像です。でも、少なくともこれだけは間違いないと言えます。モーツァルトは天才的な演奏者であると同時に時代の最先端を走る音楽の創造者だった(当時)。誰も聴いたことのない独自の音楽をこの世に生み出した。そんな彼が現代の電子楽器と音楽ソフトを手にしたら一体どんな音楽をつくりだしたのだろう。好きな音色を好きな数だけ操って自分の納得のいく音を追求し、完成させた音楽はどのようなものに進化していったのだろうか。ちょっと聴いてみたい。モーツァルトに限らず、偉大な作曲家は皆古きよき物を大切にしつつも挑戦者であり、開拓者だった。クラシックというと保守的なイメージがあるかもしれないけど、これら音楽の歴史は音楽の先駆者達の足跡でもあるわけです。最新の音楽を追いかけるのも楽しいかもしれませんが、かつて音楽の冒険者達がたどってきた「最先端の音楽(当時)」の道を一緒に旅してみるのもとても楽しいものなんではないでしょうか。

●クラシックはすべて無料

音楽に満ち溢れている昨今、お金をかけずに音楽を楽しむ方法はいくつかあると思うけど、最も確実に、お金を使わずに豊かな音楽ライフを一生続けようと思ったら、一番の近道は「クラシックを好きになること」だと思います。なんだかお金がかかるイメージがあるとすれば、それはまったくの勘違い。今や音源も楽譜も、全部無料で手に入ります。敷居が高いと勘違いされているクラシックだけど、知らない間に耳にしている楽曲も多くあり、しかも世界共通、世代を超えて話題にできる「楽しくてためになる」ものなのです。脳天気な楽曲から重々しいもの、涙を誘うもの、思わず勇気がわいてくるもの、理解不能なものなど、バリエーションも豊富。教科書や雑誌は教えてくれないけど、実はネットでリンクをたどりながら、クラシックをきままに聴く、ってのは本当に楽しいですよ。気に入れば、そのままダウンロードして保存し、iPodやウォークマンにいれて外へ持ち出せます。聴ききれないほどの数の名曲、名演。いつでも音楽にひたっていることができます。これが全部無料で実現可能です。


パブリックドメイン・クラシック
http://public-domain-archive.com/classic/
みんなの共有財産として好きなように聴けるクラシック音源を集めたサイト。他にも同様のサイトはありますが、このサイトは最も充実していて使いやすいです。

●クラシックはそもそもお金がかからないのだ

そもそもクラシックは、CDでもiTunesのストアでも、他のジャンルに比べて価格がやたらと安い。普通邦版CDといえば3500円程度だけど、クラシックの場合、著名アーティストの新譜でも2000円前後。古い名演シリーズなら千円を切る価格で入手可能。さらにiTunesストアだと70曲入りで900円というシリーズが人気だったりする。なんと1曲12円。

もちろん、どんな趣味でもお金をかけだしたらキリがないですが、クラシックの場合このようにもともとそんなにお金がかかりませんし、さらにネットをうまく使えば、お金をかけなくても名曲名演に触れることが可能です。

1 2 3 4 5 6次のページ
深水英一郎(ふかみん)の記事一覧をみる
深水英一郎(ふかみん)

記者:

見たいものを見に行こう――で有名な、やわらかニュースサイト『ガジェット通信』発行人。トンチの効いた新製品が大好き。ITベンチャー「デジタルデザイン」創業参画後、メールマガジン発行システム「まぐまぐ」を個人で開発。利用者と共につくるネットメディアとかわいいキャラに興味がある。

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。