体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

サザエさん、コボちゃん、クレヨンしんちゃんの自宅はどう違う?

サザエさん、コボちゃん、クレヨンしんちゃんの自宅はどう違う?

『鉄腕アトム』や『サザエさん』など、人気アニメに登場する家の間取りが気になるという人も少なくないはず。実は今、「間取り探偵~懐かしいアニメの主人公の自宅拝見!!」というイベントが横浜で開催中だということで、展示されているハウスクエア横浜に行ってみた。会場には、40ほどの住まいの模型が並んでいて、間取り探偵の影山明仁さんがマンガやアニメを読み込んで、推理した間取りから模型を製作したものだという。そのいくつかを紹介しよう。
マンガ・アニメの作者からお墨付きをもらった間取りも

影山さんが間取りを推理する方法は、2通り。

一つ目は、登場人物の背後に描かれる部屋を一つ一つジグソーパズルのように組み合わせるというもの。人気アニメ「タッチ」の南ちゃんの自宅を再現してほしいというニーズは高いのだが、南ちゃんが玄関から自宅に入るシーンが出てこないなど、パーツが不足して再現できていないものも多数あるという。

二つ目は、外観がはっきり描かれている場合に、外観の形状や窓の大きさから台所やトイレ、リビングの位置関係などを推理する方法。主人公が帰宅して、2階の部屋の明かりがつくことで、主人公の部屋が特定できることもあるという。

影山さんがこうして推理した、構造上不自然ではない建物の間取図を正確に描き起こし、それを鎌田顕司さんが1/50の縮尺で建築模型を製作したものが、今回の展示物だ。

江戸時代の『JIN~仁~』の住まいに始まり、『サザエさん』や『こちら葛飾区亀有公園前派出所』、『頭文字D(イニシャルD)』などの日本の住まいから、『アルプスの少女ハイジ』や『PEANUTS』に登場するスヌーピーやルーシーなどの海外の住まい、『鉄腕アトム』や『アンパンマン』などのヒーローの住まいなど実に多様。

例えば、『JIN~仁~』の主人公南方仁は、江戸時代にタイムスリップして武家屋敷の屋敷内ではなく、長屋門(屋敷の表門で、門の脇には門番や使用人が住む部屋が付いていたもの)の一室に住まわせてもらっていたという想定。できあがった間取図を、作者の村上もとかさんに見てもらったところ、ストーリーの展開上、便所を長屋門の近くに移したほうがよいということになり、移動して模型を完成させた。そうした、原作者との交流も楽しみにしているとか。

【画像1】イベント初日は、間取り探偵の影山明仁さんが、間取りについて解説をしてくれた。説明しているのは、『JIN~仁~』で主人公が住んでいた橘家の住まい(写真撮影:住宅ジャーナリスト/山本久美子)

【画像1】イベント初日は、間取り探偵の影山明仁さんが、間取りについて解説をしてくれた。説明しているのは、『JIN~仁~』で主人公が住んでいた橘家の住まい(写真撮影:住宅ジャーナリスト/山本久美子)

【画像2】『鉄腕アトム』の模型の前にいるのは、影山さんの影響でマンガ・アニメの間取り研究にどっぷりはまってしまったという、建築模型製作者の鎌田顕司さん(写真撮影:住宅ジャーナリスト/山本久美子)

【画像2】『鉄腕アトム』の模型の前にいるのは、影山さんの影響でマンガ・アニメの間取り研究にどっぷりはまってしまったという、建築模型製作者の鎌田顕司さん(写真撮影:住宅ジャーナリスト/山本久美子)マンガ・アニメの主人公の自宅から住宅の変遷もうかがえる

住宅ジャーナリストの筆者が一番面白いと感じたのは、主人公の住まいから時代が見えてくるという話。家族構成がはっきりしている主人公の自宅に興味があったが、例えば、『サザエさん』の自宅(画像3)を見てみよう。

波平・舟夫婦、長女サザエとマスオ・タラ、長男カツオ・次女ワカメの3世代同居の住宅だ。昭和20年代がモデルなので、田の字型の平屋住宅となっている。

【画像3】『サザエさん』磯野邸の図面(資料提供:間取り探偵 影山明仁氏)
1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。