ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スマホやカード、指輪でも!解錠方法が多彩なドアロック「Quicklock」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スマートフォンなどで鍵の解錠ができるスマートロックが増えている。

このほどクラウドファンディングサイトKickstarterに登場したのは、解錠方法が多彩な「Quicklock」。

BluetoothとNFC(近距離無線通信)に対応しているので、スマホに加え専用のカードや指輪、フォブでも操作できるというものだ。

・鍵穴なし、かざすだけで解錠

Quicklockに鍵穴はなく、ドアの開閉用のつまみがついているだけ。一見何の変哲もないが、特徴は登録した専用のカード、指輪、認証タグ(フォブ)をかざすだけで解錠できるという手軽さにある。

・オートロックのオン・オフも簡単

また、スマホもペアリングしておけばアプリから解錠・施錠することが可能。

加えて、誰がどのフォブやカード使っているかを登録しておくと、いつ誰がどこのドアの解錠をしたのかといった使用状況もわかる。

施錠は、マニュアルまたはオートロックどちらでも。オートロックのオン・オフはロックについているボタンを3秒押すことで操作できる。

鍵は防犯上大事だが、同時に日々使うものなのでスムーズに扱えるのに越したことはない。

スマホを取り出すのが面倒という人は指輪を、スマホを所有しない子どもにはフォブを持たせるなど、Quicklockは使う人によって解錠ツールを選べるのが売り。

Quicklockは現在、クラウドファンディングサイトKickstarterで出資を募集していて、Quicklock1つとフォブ・カードが各2つのセットが79ドルからとなっている。プレオーダーは10月3日まで。

Quicklock/Kickstarter

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP