体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

綿あめと醤油でつくるパリパリのカラメルがのった、まるでスイーツな「クレームブリュレお好み焼き」

パリパリのカラメルがのった、いままでに食べたことのない食感のお好み焼きが登場する。

お好み焼チェーン道とん堀は、9月15日より「クレームブリュレお好み焼き」を発売する。

「クレームブリュレお好み焼き」は、スイーツのクレームブリュレに発想を得たお好み焼き。クレームブリュレの上に硬いカラメル層が乗っているように、お好み焼きの上に「パリパリのカラメル」をのせたお好み焼きだ。

「パリパリのカラメル」は、「綿あめ」と「醤油」を鉄板で溶かして再現。「和風あん」もかけて、あまじょっぱい味に仕上げている。

お好み焼き生地には、通常の生地に、カスタード生地を半々にミックスして「とろとろ」食感を演出した。女性に好まれそうなお好み焼きだ。

「お好みチーズブリュレ」(864円)は、具材にキャベツ・玉ねぎ・チーズを使用した、とろとろ食感重視のお好み焼き。

「お好みミックスブリュレ」(972円)は、具材にキャベツ・玉ねぎ・豚バラ・イカ・エビ・タコをたっぷり使った、食べ応えのあるお好み焼き。

「クレームブリュレお好み焼き」で、スイーツを彷彿させるような新食感を体験しよう!

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。