ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Chelsy 渋谷duoワンマン大成功で次なるステップへ プロデューサー近藤ひさし&ビーイングが強力タッグ結成

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 9月2日にニューシングル『I miss you』をリリースしたガールズバンド Chelsy。9月5日 shibuya duo MUSIC EXCHANGEにて今作の発売記念ワンマンライブ【I’m here cause I miss you】を開催した。

Chelsy その他のライブ写真など

 自身最大キャパでのワンマンライブとなった本公演には、大勢のファンが集結し、ニューシングル『I miss you』のリリースを祝った。8月23日 日比谷野外音楽堂で開催されたイベント【NAONのYAON 2015~SUMMER~】で、わずか10分のステージにバラードを持ってくる清さ(http://bit.ly/1JVdBNp)や、2月22日 赤坂BlITZで開催された【LiVE GiRLPOP Vol.4~Wonderful~】でのノンMC4曲ぶっ続けの痛快ライブ(http://bit.ly/1Kuf12O)など、アウェーでも自分たちの持ち味を崩さないステージを展開してきた彼女たち。その経験を大爆発させた本公演では、ドキドキとワクワクであふれるライブを展開。アンコール含む全16曲でもってファンを扇情し続けた。

 結成当初から披露されている代表曲「My Way」の大サビでは、MIO(vo,g)の「みんなと一緒に歌いたいです!」の一言で、会場全体が大合唱。楽器の演奏止まり、“声”だけで彩られたこのアンサンブルは、「皆さんののおかげで今があります。ありがとうございます。」と語っていたChelsyを具現化したかのようで、とても愛に溢れた空間だった。「壊れた時計から 動き出す音がした 君が好きだった“あの歌”を見つけたから 一秒ごと刻まれる 胸に流れたメロディ いつかまた君に逢えるような気がしてる。」(「My Way」)

 アンコールでは、10月31日~11月2日にメキシコで開催される【Expo TNT 30 メキシコシティ】に出演すること、MIOが初舞台に出演することも発表。AMI(dr)は「メキシコに行ける事になったのは、みなさんが応援してくれてるからで、本当に感謝してもしきれないなと思っています。これからも頑張っていきますので、Chelsyをよろしくお願いします!」と、感謝を述べた。ラストには、ライブでも大盛り上がり必須なキラーチューン「YES」と「escape」を立て続けに投下し、この日最大の盛り上がりの中ステージを後にした。

 また、Chelsyのプロデューサー近藤ひさし(Honey Bee Studio)と株式会社ビーイングが、良質な音楽を提供することで一致し、協力タッグを結成することが明らかになった。B’z、倉木麻衣、BREAKERZなどが所属する株式会社ビーイングが、約9年間、YUIのディレクターとして制作に携わり、ステレオポニーやFTISLAND、人気急上昇中の声優アーティスト 雨宮天の最新作まで、多数のアーティスト&ヒット曲を手掛ける近藤ひさし擁するHoney Bee Studioの全スタッフを迎え入れ、一丸となって良質な音楽を世に届けていく事で合意。その第1弾アーティストとしてChelsyが抜擢された。

 自身最大規模のワンマンライブを大成功させたChelsy、新たな布陣で更なるステップへ向かい走り続ける姿を、ぜひ見逃さないでほしい。

取材&撮影:内山直也

◎ワンマンライブ【I’m here cause I miss you】
9月5日(土)shibuya duo MUSIC EXCHANGE SET LIST:
1.SistAr
2.Good-bye girl
3.Restart
4.Rocket
5.HERO
6.I see
7.I will
8.Change My Life
9.Please Please Me
10.You Make Me
11.I’m in love
12.My Way
13.I miss you
14 Rain
EN1.YES
EN2.escape

関連記事リンク(外部サイト)

Chelsy、SHOW-YA/相川七瀬/渡瀬マキ/中川翔子/プリプリ……錚々たるメンツに囲まれ爽快アクト OA出演のDARARAにも注目
【ももクロ桃神祭2015】内“AGO FES”出演のChelsy 9/2にニューシングル発売決定
『バズリズム』出演で話題のガールズバンドChelsy 9/5に渋谷duoワンマン決定

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP