ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

車の利用をもっと手軽に!個人間のカーシェアリングサービス「Anyca」に注目

DATE:
  • ガジェット通信を≫

特定の自動車を、複数の人間で共同使用するカーシェアリング。

レンタカーより安価なこともあって、ここ数年で利用者が急増。今や数百億円市場にまで成長している。

日本で主に展開されているのは、レンタカー同様、企業が保有する車を、借りるシステム。

個人同士のシェアが普及している海外に比べると、まだまだ発展途上という感がある。

・個人の“オーナー”と“ドライバー”をアプリでマッチング

そんな背景を受けてか、日本にもとうとう個人間シェアのサービスが登場した。それが、つい先日リリースされたばかりの「Anyca(エニカ)」である。

「Anyca」は、自動車を使わない間、使いたい人にシェアしたい“オーナー”と、必要なときに好みの自動車を使いたい“ドライバー”をマッチングする、新しいカーシェアサービス。面倒な手続きをすべて、スマホで行えるところも、忙しい現代人にはありがたい。

・保険、緊急時のサポート体制も万全

利用の仕方は簡単。まず専用アプリをダウンロードして、会員登録。場所・日時・車種などから絞り込み、乗りたい車を検索する。

希望に合った車が見つかったら、保有者である“オーナー”に予約リクエストを送信。“オーナー”が承認すれば、その場で予約が確定する。

予約が確定すると、自動的に1日保険に加入。万一、事故に遭ったときも、これでしっかりカバーされる。

365日のサポート体制、使用後のレビュー機能など、充実したサービスが自慢の「Anyca」。個人間カーシェアリング拡大の第一歩となるか、今後の展開に注目である。

Anyca

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP