体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

安芸の宮島に限らず秋の広島を満喫しよう! 広島県プレスツアーレポート

01IMG_4721_R

広島県主催で行われた報道関係者向けプレスツアーを取材した。
このツアーは現在展開中の広島県観光プロモーション『カンパイ!広島県』にちなみ、東広島市と尾道市について実施された。
記者は東京国際空港から一路、広島空港へ飛び同ツアーに参加した。

<酒都>東広島市・西条

10-02IMG_4389_R

東広島という駅が山陽新幹線にあるが、同市の中心地は山陽本線の西条駅。
西条は日本三大酒どころに数えられる灘(兵庫県)、伏見(京都府)と並ぶ日本有数の酒造地で、酒造に向かいないとされる軟水で醸造する技術を確立した。
まずはその西条からツアーはスタートする。
10月10日(土)と11日(日)には26回目となる「酒まつり」が同地で開催され、西条に限らず全国の日本酒が集まる。

10-04IMG_4427_R

まずは腹ごしらえで「仏蘭西屋」に立ち寄る。

10-06IMG_4436_R

ここは酒造メーカーの賀茂鶴が経営する和洋食レストランで、「美酒鍋」がとくに有名。

10-07IMG_4446_R

美酒鍋は酒と塩とニンニクだけで薄く味付けされた鍋料理。
もともとは酒造りの末端労働者が汗水たらして、びしょびしょになって食べていたことから「びしょ鍋」と呼ばれていた。
しかし、時代は下りいわゆる言葉狩りによって差別用語と決め付けられ、仕方がなく日本酒を使うことから「美酒鍋」にしたという。
現在ではどちらでも構わないということであったが、歴史的、文化的には「びしょ鍋」の方が正しく、時代のあおりで美酒鍋になってしまったということを知って食べると、より味わい深い。

10-08IMG_4453_R

非常にシンプルだが、日本料理でも酒は欠かせない調味料であることから分かる通り、素材の味と日本酒の豊かな風味がダイレクトに味わえる逸品だ。

10-09IMG_4487_R

食事後に、その賀茂鶴を見学した。
この樽(たる)で3トンのコメから40石の日本酒が作られるという。
1石は180.39リットルなので、1石で一升瓶100本分となる。従って40石は一升瓶4000本分の日本酒がこの樽で作られるということだ。

10-11IMG_4496_R
1 2 3 4 5 6次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。