ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google、新しいモバイル決済サービス「Android Pay」を米国で開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google が米国で 9 月 10 日(現地時間)より、Android スマートフォン向けの新たなモバイル決済サービス「Android Pay」を開始したと発表しました。Android Pay は NFC によるかざして決済のほか、ネットショップやアプリの「Buy with Android Pay」ボタンによるオンライン決済、ポイントカードやギフトカードを利用できるサービスです。Android Pay ではセキュリティを考慮して決済時にはクレジットカード番号ではなく、Android Pay の顧客 ID が転送されます。この点が Google Wallet との大きな違いで、このため、Android Pay はキャリアに依存することなく利用できるとされています。Android Pay の対応機種は Android 4.4 以上を搭載したスマートフォン。実際に利用するには数日中にリリースされる Android Pay のアプリを利用します。このアプリは既存の「Google Wallet」アプリがアップデートされたものになります。現在、Android Pay は米国のトイザらス、GameStop、スポーツオーソリティ、Subway など 100 万ヶ所で利用できるそうです。Source : Google

■関連記事
TwitterのPeriscopeが最新版でランドスケープモードでの配信に対応
Exynos 8890を搭載したSamsung “Lucky-LTE”がGalaxy S7らしい、ラッキー7をコードネームで採用か?
Xperia Z5 Compactの空きRAM・ROM、Camera2 APIへの対応状況

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP